iPhone11 Pro Maxクイックスタートでデータ転送実行しよう!

みなさん、「スマホの王子様」です。

iPhone11 Pro Maxをクイックスタートでデータ転送を実行できるように手法等をお伝えいたします。

iOSのバージョンの進化によってデータ転送がより便利にできるようになりました。iPhoneをデータ転送する方法として活用されているのがiCloudとiTunesです。これにプラスして「クイックスタート」というデータ転送方法が大変便利なデータ転送ができるようになりましたので、ぜひデータ転送が実行できるように手法を覚えましょう。


クイックスタートでデータ転送できるとスゴく楽です!

画像出典元:Apple

Pro MaxのラインナップであるiPhone11シリーズでクイックスタートができるようにデータ転送を実行してみましょう。

まずは事前準備が必要となります。

  • 今まで利用している端末を「旧端末」
  • これからデータが入る端末を「新しいiPhone」

とこれより説明します。ご理解をお願いいたします。

両方の端末状態を事前チェックしておきましょう。

smapho prince
【「旧端末」「新しいiPhone」共通状態】

  • iOSが12.4以降にバージョンアップされているiPhone・iPadであること
  • Bluetoothが「ON」であること

【「旧端末」で事前準備を確認】

  • Apple IDとパスワードの確認
  • 各アプリの引き継ぎ準備事前に設定確認

「クイックスタート」使用中は、両方の端末が使えない状態となります!操作できなくても大丈夫な時間を見つけて実行してください。

「クイックスタート」実行中の時間は、移行する旧端末データ転送量により変化する可能性があります。実行時間には余裕をもって実行してください!

旧端末で事前にアプリの引き継ぎ準備は必ずしておいてください!みなさんが一番利用しているであろう「LINE」など引き継ぎできず自分自身が困ってしまうアプリは特に注意してください!

「クイックスタート」手順フローをマスターしよう

iPhone11 Pro Maxで「クイックスタート」する手順フローをご覧ください。実践して身につけると今後データ転送がスゴく早くなります。

「クイックスタート」手順フロー

  1. 「新しいiPhone」電源ON
  2. 「旧端末」ロック解除して「新しいiPhone」を近づける。
  3. 「旧端末」の画面に「新しいiPhoneの設定」との表示が出る。
  4. 自分の「Apple ID」であることを確認して「続ける」をタップ
  5. 「新しいiPhone」に「円形アニメーション」が表示
    「旧端末」カメラが起動
    「旧端末」を手に取り「新しいiPhone」に表示している「アニメーション」をカメラでファインダーの中央に収める
    (「旧端末」デバイスのカメラを使えない場合「手動で認証」をタップ。画面に表示される案内にそって進めます)
  6. 「旧端末」のパスコードを「新しいiPhone」に入力
  7. 「新しいiPhone」で「Face ID」「Touch ID」を設定
    (この操作はあとで「設定」からできます。スキップOKです。)
  8. 「旧端末」から「新しいiPhone」へデータ転送する方法を以下の「⑨か⑩」どちらの方法でデータ転送するかを選択。
  9. 「iPhoneから転送」:「旧端末」から「新しいiPhone」に直接データを転送できます。「旧端末」のバックアップがなくてもデータを転送可能です。
  10. 「iCloudからダウンロード」:iCloudバックアップから「新しいiPhone」にダウンロードしてデータ復元します。
  11. 利用規約「同意する」タップ
  12. 「エクスプレス設定」すすめる。「位置情報サービス」と「iPhone解析」の設定をパスしたいときは「続ける」タップ。
    「カスタマイズ設定」希望の場合は「設定をカスタマイズする」タップ。
  13. 「Apple Pay」「Siri」など各設定が表示していくので、表示順ごとに設定を進める。
  14. 「データ転送」がスタートします。
  15. 「データ転送」が完了して再起動後、ホーム画面表示になったらアプリのダウンロードが始まります。ダウンロード時にデータ通信量増大のためWi-Fi接続へ切り替えてアプリダウンロードに備えましょう。

事前準備でも説明しました「旧端末」「新しいiPhone」共通状態でBluetoothを「ON」にしていたので無線によるデータ転送ができました。

smapho prince
安定したデータ転送を希望の場合、有線によるデータ転送が可能です。

その際に必要にあるアイテムが「Lightning – USB3カメラアダプタ」と「Lightning – USBケーブル」です。無線でも問題なく転送できますが、無線によるデータ転送に不安があるユーザーさまは以下より事前準備してから始めることをおすすめします。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,749 (2020/11/29 02:05:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥1,980 (2020/11/29 01:09:04時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

クイックスタートでデータ転送実行してiPhone11 Pro Maxへデータ転送はできましたでしょうか?

データ転送は実行するとき経験したことがないユーザーさまにはとても怖い作業かもしれません。人にお願いしてデータ消失の危険を考えると、いづれにしてもご自身でデータ転送さえできれば何も問題ない訳です。

このデータは、あなたのデータです!人任せにせず、自分のデータ転送が自分でできるようになれば、これほど不安なく心強い味方は他にはありません(^O^)/

そしてこれからのデータ転送も自分でできるように知識面等で自信持って作業ができます。あなたがこれが難しくないと感じたら自らサポートができすので、わからない方へのアドバイスができます。トライしてみたい方は、ぜひお試しください。

この記事が皆さまのお役に立てると幸いです(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPhone11 Pro Maxのクリアケースはこちらがおすすめです!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です