iPhone11 Pro Maxで使うキーボードおすすめはこちらです!

みなさん、「スマホの王子様」です。

iPhone11 Pro Maxで使うキーボードおすすめを今回ご紹介いたします。

LINEくらいならいいけれど、様々ある文章編集で何かと文字入力が多くなってきたスマホで、長時間文字入力となるとやはり疲労感が、、、というユーザーさま多いと思います。特に画面の小さいスマホやiPhoneであればなおのこと、あると便利がいいmust itemとして注目されています。

「スマホ王子」がおすすめするiPhone11・Pro・Maxで使うキーボード、ぜひご覧になってみてください。


contents

iPhone11 Pro Maxでキーボード使うならこれがおすすめ!

画像出典元:Amazon

Pro Maxで使うiPhone11シリーズのキーボードおすすめはこちらです。

コンパクトに収納でき持ち運びに大変便利な「折りたたみキーボード」

私「スマホ王子」も愛用しているのが、この「折りたたみキーボード」です。持ち運びにも大変便利で外出先からこのブログを作成するときに使用しています。大変重宝しております。

smapho prince
ここで問題です!

これから紹介する「折りたたみキーボード」のどれかを私「スマホ王子」が使っています。どれでしょうか??正解は・・どうぞ以下をご覧くださいませ!

幅広いユーザーより高い支持を集めている人気のキーボード「iClever」シリーズのキーボードをご紹介します(^O^)/

【iClever】キーボード「IC-BK20se」

こちらのキーボードは、接続台数MAX4台マルチペアリング(Bluetooth3台&有線1台)可能接続デバイスにより自在に切り替えて接続できる優れものキーボードです(^^♪

三つ折りに畳めてコンパクトに外出先へ持ち出し快適に使用OK!広げるとフルサイズで独立したキーとなっていて、広々としたキーピッチと心地よいタイピングがユーザーにウケています。キーが独立していて複数のキーを同時に押すことを防ぐ「アイソレーション設計」を採用。爪の長い女性のユーザーさまにも優しいデザインです。

アルミ合金を採用し質感や耐久性にも優れ、長時間使用OKのキーボードです。

【iClever】キーボード「IC-BK03」

以下は「IC-BK03」専用ケースです。このケースはキーボード持ち運び時のキズ・衝撃防止にもなりますし、iPhoneのスタンドにもなるので、作業時は効率よく利用できますよ!
smapho prince
「iClever」キーボードでスタンダードなタイプキーボード「IC-BK03」シリーズです。

iPhone・iPad・Androidなどのスマホやタブレット、パソコンなどにも対応し、最大3台までのデバイスのペアリングが可能です。

カラーは、ブラック」「シルバー」「ローズゴールド」の3色で幅広いユーザーから選ばれるカラーとなっています(^^♪

こちらはレザーケース スタンド付きとのセットです。セットでの検討ならこちらをおすすめします!

【iClever】キーボード「IC-BK08」

smapho prince
「iClever」キーボードの右サイドでタッチパッドが使用できるのが「IC-BK08」シリーズです。

マルチデバイスとしてiPadをご利用のユーザーさまには「iPad OS 13.1以降」でタッチパッドが使用できます。トラックパッドはAssistiveTouchを有効にすることで対応しています。

iPhone系iOSで、タッチパッドは使用できません!

このキーボードは、マルチデバイスとしてiPadなども含めご利用するユーザーさまでiPhone・Androidなど3つのデバイスを接続可能なので、複数利用かつタッチパッド対応したデバイスで利用したいときは、iPhone系iOSが使えないことを注意確認してからご検討ください。

【iClever】キーボード「IC-BK06 Lite」

smapho prince
ビジネスマンに人気の高い、レザーカバー一体式キーボード「IC-BK06 Lite」シリーズです。質感と保護性を兼ね備えたデザインが大変ウケています。

防水性だけでなく防塵性と耐久性を備えつつ、スマホスタンド付きで大変便利です。iPhone本体ほどの超コンパクトサイズで、本体の重量はわずか135g!一般のスマートフォンとほぼ同じ重さなので持ち歩きでも重さは気になりません。

スマート自動スリープ機能搭載で長時間の駆動が可能!出張や旅行の携帯に最適です。

【iClever】キーボード「IC-BK06 Mate」

smapho prince
同じくビジネスマンに人気の高い、レザーカバー一体式キーボード「IC-BK06 Mate」シリーズです。IC-BK06Lite」と同じく質感と保護性を兼ね備えたデザインが大変ウケています。

スマホスタンド付きは大変便利ですね(^^♪

【iClever】キーボード「IC-BK11」

smapho prince
スマホを置けるスタンドバーが一体型仕様のキーボード「IC-BK11」シリーズです。

スタンド一体型でスリム設計されているので、外出先での仕事などが大変便利です!スタンドを引き出してスマホを立てかけ、画面を見ながら文字入力が可能です。重さも約161gでコンパクトサイズの二つ折りBluetoothキーボードです(^^♪

カラーは、ブラック」「シルバー」の2色です(^O^)/

【iClever】キーボード「IC-BK16」

smapho prince
スマホを置けるスタンドバーが一体型仕様のキーボード「IC-BK16」シリーズです。

閉じると持ち運び便利です。こちらはマグネット付きなので、移動中にカバンのなかでキーボードが開いてしまうことはありません。

キーピッチ(約14mm)と指先がぴったりと合うサイズでストレスフリーな文字入力が実現!心地よい打鍵感のキーボードで人気が高いです。

日本メーカー品質とサポートが手厚く人気の高い「折りたたみキーボード」

日本メーカーとして品質ともに大変躍進していて、サポートも手厚く多くのユーザーから支持を集めている人気の高いキーボード「スリーイー(3E)」シリーズのキーボードをご紹介します(^O^)/

【スリーイーホールディングス】キーボード「3E-BKY5」

smapho prince
「3E(スリーイー)」はBluetooth製品を中心にキーボードやイヤホンなどを開発・発売している日本国内メーカーです。

マウスがなくても自由に使える広々タッチパッド搭載!広々キーピッチ&独立キー設定、Delete&Backspaceキーも付いてノートパソコンのように打ちやすいですよ(^^♪

【スリーイーホールディングス】キーボード 「Plier」2つ折りタイプ

smapho prince
コンパクトでスリムタイプの2つ折りキーボードで、かさばらないサイズでスタンド機能付き!

スリム設計でキーボード本体とスタンドバーが一体型なので、外出先での作業には大変便利ですよ(^O^)/

【スリーイーホールディングス】キーボード「TEN PLUS」

smapho prince
「テンキー」付き折りたたみキーボードを発売した「3E」キーボード「TEN PLUS」は業界初!

「3E-BKY5」とともにキーピッチ&独立キー設定、Delete&Backspaceキーも付いてノートパソコンのように打ちやすいですよ(^^♪

カラーはブラックを基本ベースに「ブラウンゴールド」「レッド」の2色です(^O^)/

【スリーイーホールディングス】キーボード「3E-BKY7」

業界初!「テンキー」付き折りたたみキーボード「TEN PLUS」の同型番「3E-BKY7」です。

カラーは、ブラック×グレー「ブラック×レッド」「ホワイト×ホワイト」の3色です(^O^)/

smapho prince
ちなみに私「スマホ王子」は、このキーボードを所有しています。そしてこのブロクを作成しています(^O^)/

とても扱いやすいキーボードですよ(^^♪

何色を使っているかは、、ナイショです(≧▽≦)!

【スリーイーホールディングス】キーボード「3E-BKY8」

smapho prince
キーボード本体とケースが基本セットで揃っているので、あなたのiPhoneを安定して置けるのでキー入力がすぐに始められますね(^^♪

このキーボード、金額がお手頃です!

【スリーイーホールディングス】キーボード「3E-BKY9」

smapho prince
「3E」キーボードのバックライトキーボード「3E-BKY9」です。

「3E-BKY5」や「3E-BKY7」とは違い、大きいキーボードでノートパソコンのように打ちやすい感覚が非常に安定してイイんですよね(^^♪

ちなみに「TEN PLUS」の同型番「3E-BKY7」を所有するまで、どちらにしようかと購入まで悩んだキーボードです(≧▽≦)

「3E」キーボードは、PC・スマートフォン周辺機器を開発販売する日本の法人「株式会社スリーイーホールディングス」より発売された自社ブランドのキーボードです。

【MOBO】MOBO Keyboard AM-KTF83J

smapho prince
「たたんで、しまって、旅に出る」をコンセプトに開発されたキーボード「MOBO」 です(^O^)/

キーが英語ではなく日本人のために作ったとも言える日本語配列のキーボードです。

大型ENTERキーは、ノートパソコンと同じ大きさでキーも打ち心地であるパンタグラフ構造。通常のキーボードと同じ標準の19mmのキーピッチと、隣のキーと間隔のあるアイソレーション設計でタイプミスが軽減されています! (一部分は折りたたみの構造上16.6mm / 14.3mmのキーピッチ)

「MOBO」キーボードは、PC・スマートフォン周辺機器を開発販売する日本の法人「株式会社アーキサイト」より発売された自社ブランドのキーボードです。

安定感ある広さとリズミカルに打鍵できる「ストレートキーボード」

Maxのように大きい画面の端末であれば、キーボードはこちらがおすすめはこちらです!

【ロジクール】ワイヤレスキーボード K480

smapho prince
ストレートキーボードでも特に人気と支持が多いのが「ロジクール」のワイヤレスキーボードです。

キーボード本体にスマホでも特に大型の機種やiPadなども置くことができるスタンド機能(スマートフォンやタブレットを支えるための溝)が付いているので、別でスタンド購入は不要です(^^♪

【ロジクール】ワイヤレスキーボード K780

smapho prince
快適さに妥協しないミニマルなデザインでキーの中⼼をくぼませていて、キーがとても押しやすいインカーブキーを採⽤。

テンキー付きフルサイズレイアウトキーボードなので、パソコンキー配列をそのまま利用!

【ロジクール】キーボード ポータブル iK1042BKA

smapho prince
超薄型・超軽量のポータブルキーボードです!

わずか6mmの厚さで、電池を含む重量が180g、大きさも242x137mmと持ち運びに最適な便利なキーボード。防滴仕様で、脱着式iPhoneスタンドも標準付属。キー構造はパンタグラフを採用し、キーピッチが17mm、キーストロークが1.2mmとゆったりとしたレイアウト。しっかりとした打鍵感や精確なタイピングを実現しつつ、タイピング音が静かです。

【Jelly Comb】Bluetooth キーボード

smapho prince
ノートパソコンと同じキータッチのパンタグラフタイプで、キーピッチは19mm及びキーストロークが1.9mmなので、最も入力しやすいキーボードレイアウト。

タイピング中は凹面キーデザインが、キーボードの指先に快適感を感じさせながら、指を適度に休ませキーが打てます!

【スリーイーホールディングス】3E-BKY3-BK2

smapho prince
国内メーカー「3E」が、「ジャケットとともに、いつも持ち歩けるキーボードを」をコンセプトに、素材とデザインにこだわった大人たちへ向けたビジネスに耐えうるBluetooth Keyboardを開発・製造(^O^)/

「キーボードがまるで紙の書類のような薄さ」本体の厚みはわずか13mm、人間工学にもとづいた傾斜角で疲労軽減、スリムでシンプルなデザインの中で際立つ、なめらかな曲線がアクセント。裏面にはヘアーライン仕上げのステンレスを贅沢に使用。高級感を演出すると同時に製品の強度とオシャレも演出。

【Anker】ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

smapho prince
スマホ・タブレットなどの付属品・周辺機器のメーカーとして飛躍的に人気が高まっている「Anker」のワイヤレスキーボードです。

従来のキーボードの3分の2のサイズで、重さも約200gと非常に軽量!快適なキーボードがタイピング音となるために静かなキーを採用しました

iPhoneとの相性や安心感を求めるユーザーなら必ず選択する「純正アップルキーボード」

smapho prince
最後は、Apple社のiPhoneとの相性抜群、純正キーボード「Apple Magic Keyboard」と「Apple Magic Keyboard(テンキー付き)」です。

やっぱり純正でしょ!というユーザーさま、このペアは外せませんね(^O^)/

こちらは「Apple Magic Keyboard」日本語(JIS)対応です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥10,334 (2020/11/28 10:20:14時点 Amazon調べ-詳細)
他にも英語(US)・英語(UK)・中国語(ピンイン)・繁体字中国語・韓国語の計6種類あります。

こちらは「Apple Magic Keyboard(テンキー付き)」です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,501 (2020/11/29 03:01:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥15,612 (2020/11/29 01:09:46時点 Amazon調べ-詳細)
カラーは、スペースグレイ・ホワイトの2色です(^O^)/

まとめ

キーボードおすすめをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

iPhone11・Pro・Maxで長文や文字入力はタッチパネル操作で使えるのですが、長時間文字入力をしたりするのであれば、パソコンキーボードと同じようにiPhoneでもご利用できるキーボードをご準備できると作業効率は飛躍的にアップします。

ビジネスも含めプライベートにも活躍できるあなただけのキーボードを所有しておけば、便利に利用できること間違いなしです!

この記事が皆さまのお役に立てると幸いです(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPhone11 Pro Maxを強制終了する方法をお伝えします!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です