iPhone11 Pro Maxの広角カメラは史上最高峰レンズを搭載!

みなさん、「スマホの王子様」です。

iPhone11 Pro MaxのカメラはiPhoneシリーズ史上最高峰の広角カメラを搭載した素晴らしいカメラであることを今回お伝えしていきます。

iPhone11シリーズが発表された当初、複数レンズを採用した「アウトカメラ」が何かと話題となりました。iPhone11 Pro/Maxは、外見などで従来のタイプとのギャップが先行して話題となった広角・超広角・望遠のトリプルレンズ「アウトカメラ」を採用、iPhone11には広角・超広角のダブルレンズ「アウトカメラ」を採用。

さらに「インカメラ」は、「アウトカメラ」と同等の画素数となり「セルフィー」をさらに進化させた機能など、どちらもiPhone史上最高峰のカメラレンズとなっております。

各端末のカメラレベルの高さを紐解いて、その最高のカメラ機能を追いかけてみましょう。


iPhone11 Pro Maxの広角カメラはiPhone史上最高峰レベル

画像出典元:Apple

Pro MaxのカメラはiPhone11シリーズになりiPhone史上最高峰のカメラとなりました。iPhone11 Pro/Max、iPhone11が持つ広角レンズから最高のカメラパフォーマンスとレベルアップしたカメラ機能をご紹介していきます。

アウトカメラの特徴

広角カメラを搭載したiPhone11 Pro Max「アウトカメラ」の主な機能特徴をお伝えしていきます。

ナイトモード機能

smapho prince
暗いときや明るさが足りない時ときにカメラが自動的にナイトモードに切り替わてくれる機能が搭載されました。
ナイトモード撮影時、ディスプレイ上部に黄色アイコンがあり、その横にある数字は秒数です。ナイトモード撮影の露出時間(光を取り込む時間)の目安が確認できます。

ナイトモードの時は露出が自動で設定されますが、露出を自分で調整したい場合は、シャッターボタンの上にあるナイトモードのアイコンをタップして、露出を調整することができます。

ナイトモードの露出時間設定を手動で調整するフローや撮影ポイントをお伝えします。

  1. シャッターボタンの上にあるスライダーを「最大」に選択すると撮影時間が長くなります。
  2. 写真を撮るとスライダーがタイマーになり、露出時間が終わるまでカウントダウンが始まります。
  3. ナイトモードの使用中は、ディスプレイの上部にあるナイトモードのアイコンが黄色くなります。

smapho prince
ポイントは、きれいに撮影が終わるまでiPhoneを動かさないようにしましょう!

夜景やかなり暗い場面で、iPhoneをじっと動かさずに撮影すれば、細部まできれいにノイズの少ない写真が撮れるようになります。またiPhoneを安定したところに置いたり、三脚などで安定した写真撮影をすると、ナイトモードをフルに発揮できるようになります。露出時間もできる限り長くなるように調整してみましょう。

QuickTake

smapho prince
「QuickTake」とは、写真撮影中に動画が撮りたくなったとき、「画面のシャッターボタン」を長押しして右にスワイプすると、モード切り替え不要で動画撮影に移行できる機能です。
動画撮影中に静止画を撮りたいときは「画面シャッターボタン」をタップすると通常撮影ができます。

ポートレートモード

smapho prince
「ポートレートモード」とは、背景をぼかして被写体を際立たせた写真撮影ができる機能です。
ポートレートモード対応モデルiPhoneに搭載されているカメラでは、被写体に合わせて撮影モードを自動設定してくれるので常にキレイな写真が撮れるのです。

iPhone11シリーズでは、被写体に奥行エフェクトと照明エフェクトを写真に適用しています。大きなポイントは、ポートレートモードがセルフィー撮影で使えるようになりました(^O^)/

True Depthカメラ

smapho prince
「True Depthカメラ」とは、「Face ID」「アニ文字」などで顔の動きをインカメラで読み取り認識する機能です。
さらにインカメラで撮影できる範囲が広く、セルフィー撮影するときは、自撮り棒で取付固定して手もとから離す必要がありません。通常通りのセルフィー撮影で広々とした写真撮影ができるのが特徴です。
新機能「スローフィー」は、スローモーションをセルフィー動画で撮影でき、動画撮影のレベルは格段に上がりました!

スマートHDR

Maxのカメラとなると最大の端末サイズで撮影できるので、カメラ画像は印刷したり、SNSへデータアップロードするとかなりの高画質が期待できます。

smapho prince
「スマートHDR」は、違う露出の写真のいい部分を「1枚の写真」に合成する機能です。複数の明るさが違う写真を合成して、最終的に「キレイな写真」に仕上げる機能です。
「スマートHDR」を搭載したiPhone 11シリーズは、より繊細な画像処理が可能になり、被写体と背景の境目やノイズの処理をまでピクセル単位で実行します!

インカメラの特徴

インカメラはどうしてもサブ的役割と捉われ、今回も広角・超広角・望遠と3つのトリプルレンズで「アウトカメラ」に注目が集まっていますが、iPhone11シリーズではアウトカメラに劣らないほど「インカメラ」が凄まじいレベルアップを遂げています。意外にユーザーがよく使っている「インカメラ」の機能面に焦点を向けて進化をチェックしていきましょう。

smapho prince
iPhone11シリーズと以前のシリーズを比較して、どれくらい「インカメラ」のレベルが上がっているのか「インカメラ」初搭載デビューからの進化をチェックしてみましょう。
iPhone「インカメラ」レベル

【30万画素】2010年6月

  • iPhone 4
  • iPhone 4s

【120万画素】2012年9月

  • iPhone 5
  • iPhone 5c
  • iPhone 5s
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE(第1世代)

【500万画素】2015年9月

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

【700万画素】2016年9月

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone SE(第2世代)

【1,200万画素】2019年9月

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

smapho prince
「インカメラ」が搭載されたのは2010年6月に発売開始した「iPhone 4」からでした。当時のAppleのCEO(最高経営責任者)は、あの「スティーブ・ジョブズ」です。

そしてシリーズが進化していくにつれ、画素レベルを見ても数年という短期間で格段にレベルが飛躍しているのが判ります。今では当時のアウトカメラ以上の画素数を「高画質インカメラ」で搭載するまでに成長しています。iPhoneのカメラの進化がスゴいレベルであることが理解できますね。

インカメラ「画素数」レベル

iPhone 11シリーズから圧倒的にレベルを上がったインカメラ「画素数」ですが、シンプルに「画素数」の数字を見ても十分に理解できます。インカメラ「画素数」とアウトカメラ「画素数」をiPhone 11シリーズをチェックしてみましょう。

インカメラ「画素数」とアウトカメラ「画素数」比較

  • インカメラ:1,200万画素
  • アウトカメラ:1,200万画素

smapho prince
iPhone 11シリーズは、11・Pro・Maxすべてにおいてインカメラ・アウトカメラも最大画素数1,200万画素(12MB)です!
Android端末でも、各社高レベルの機能性を競って「カメラ画素数」をメインにここ数年レベルを引き上げていっているのは、皆さまのご承知のとおりであります。

iPhone11・Pro・Maxは「セルフィー撮影」で使用するインカメラも、メインカメラと言われる「アウトカメラ」と同等レベルの画素数であることは、文句なしに「スゴい!」ことです。このレベル感はしっかり理解しておきましょう(^O^)/

インカメラ「セルフィー撮影」で「スローフィー」【新機能】

Maxのような大きい画面での自撮り撮影「セルフィー撮影」すると、画面と相応にキレイなセルフィー撮影を残すことができるでしょう。この「セルフィー撮影」を最大限に発揮する機能・性能レベルをチェックしていきましょう。

smapho prince
iPhone 11シリーズに加わった新機能「スローフィー」

今まではアウトカメラでしかできなかった「120fpsのスローモーション撮影」がインカメラで、それも「セルフィー」で撮影可能に!

「あなただけのセルフィー」を今まで以上に美しく撮影します!

iPhoneを横向きにするだけでカメラが自動的にズームアウトして、より多くの人とセルフィー撮影できます。

インカメラで「TrueDepthカメラ」

顔認証「Face ID」であなたの顔の動きを読み取るインカメラは「TrueDepthカメラ」となり、インカメラで撮影できる範囲が広く、自撮り棒がなくても広々と撮影ができるので、写真撮影がさらに奥深くまで楽しくなることでしょう(^O^)/

インカメラで「4Kビデオ」が撮影可能に!

smapho prince
iPhone 11シリーズではこれまで「HD」が最高画質でしたが、進化して「4K」動画撮影が可能になりました(^^)/
画質も向上したことで、さらにズーム・トリミング・動画反転などの編集作業、映画レベルのビデオ手ぶれ補正までできてしまう優れものになり、YouTubeアップロード用の動画撮影や、イベント用の動画を作成するなど、動画撮影の進化にさらに付加価値をつけて高めていくことでしょう(^O^)/

まとめ

カメラはiPhone史上最高峰レンズのカメラであることは理解できましたでしょうか。

iPhone11 Pro Maxのカメラは、お伝えした機能面でiPhone史上最高峰のカメラ機能を搭載し相当なレベルであることがお判りになったと思います。これから益々進化を続けるiPhoneシリーズのカメラ機能にもっと注目をしていきたいですね。

この記事が皆さまのお役に立てると幸いです(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPhone11 Pro Maxはお風呂でも大丈夫なのか検証してみます!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です