iPhoneが熱いと感じたらこれをすると改善します!

みなさん、「スマホの王子様」です。

iPhoneが熱いと感じる原因と対処方法を今回は皆さんに知っていただこうと思います。

スマホを利用する時期が、次第に暑くなってくる時期に近づくと気になってくるのが「スマホが熱い!」と感じやすくなることです。皆さんスマホユーザーなら1度は経験したことがあるのではないでしょうか。いろんな利用環境や使用状況によりスマホが熱い!と感じているが、その原因と対処方法がわからないユーザーさま、意外に多いのも事実です。

結果として端末故障の要因にならないようにするためにも、ここでしっかり知識を持って理解をしておきましょう。


iPhoneが熱いと感じる原因

画像出典元:pexels

iPhoneが熱いと感じる原因と対処方法をお伝えするのですが、iPhone11シリーズが発売したあたりから次第に「頻繁にiPhoneが熱い!」と訴えるユーザーが続出していると聞きます。

まずはこのようになっている原因を知る必要があります。

smapho prince
iPhoneが熱くなる原因が解るユーザーさまは、その後の対処方法をどのようにすればよいのかも理解できます。対処する判断も早くできると思っています。
もちろん熱いと感じる状況には様々な原因がありますので、必ずこれが原因!という決めつけをせず、まずは知識を持っておきましょう。結果として「iPhoneが熱い!と感じるようになる原因とそれに対する対処方法と判断」ができるようになります。

これから「熱いと感じる原因」と「対処方法」をお伝えしていきます。

一番多く挙げられるiPhoneが「熱いと感じるようになる原因」はこちらになります。

iPhoneが熱いと感じるようになる原因

  • CPUの稼働による負荷
  • 充電しながら使用することによるバッテリー負荷
  • データ通信を常時接続で利用することによる負荷
  • iOSアップデートによる本体に影響を与える負荷
  • 暑い時の利用環境による負荷

これらの各項目に注視して原因を追求し、対処方法を確認していきましょう。

CPUの稼働による負荷

smapho prince
iPhoneのすべてのシステムを動かす中心である機器部品を「CPU」といいます。

この「CPU」では、iPhoneの動作やいろんなアプリなどの情報処理を行っています。

一番わかりやすい例が、ゲームアプリやカメラアプリなど使ったり、複数同時にアプリを起動している状態になると「CPU」が情報処理をするため負荷がかかるため、CPUに「熱」が発生してその周囲が熱くなるのです。
パソコンやポータブルゲームなどには熱を外へ出す「ファン」がありますが、iPhoneに「ファン」はありません。ケースに覆われているため熱を逃がす仕組みとして、本体に内蔵している金属部品により冷やす仕組みが施されています。

しかし、熱の発生が冷やす仕組みでも追いつかなくなる状態になると、CPUへの負荷が大きいので「iPhoneが熱い!」とストレートに感じるようになります。

充電しながら使用することによるバッテリー負荷

smapho prince
充電を始めるとiPhoneは「充電」のために熱を持ちはじめます。これは充電の仕組みとして「電池を充電(蓄電)するときは熱を持つ」と理解しておきましょう!(^^)!
もし「充電(蓄電)」をしながら、iPhoneを操作したり、ゲームやカメラなどアプリを使ったりすると、熱が逃げなくなり「熱い!」と感じるのです。
【注意してください!】

もしこの充電をしながらiPhoneを使用し続けていたりすると、バッテリーの負荷がかかり「バッテリーの劣化」につながります。熱を持ちながらの使用は、バッテリーの劣化を早くさせます!

データ通信を常時接続で利用することによる負荷

smapho prince
ここ近年、通信契約している料金プランで「大容量のギガ級データ通信」が定額で利用できるようになっています。データ通信には、Wi-Fi環境での無線接続利用も含まれます。

データ通信を常に接続させ続け、動画配信サービスやオンライン通信ゲームなどの通信をともなう利用頻度が高まっているため「iPhoneが熱い!」と感じることがあります。

データ通信発生による「CPU」含め処理の高負荷により発生する「熱」により熱くなる事象は増えつつあります。

iOSアップデートによる本体に影響を与える負荷

smapho prince
iPhoneの機能レベルアップとなる「iOSアップデート」は、最新のプログラムや新機能が使えるようになるため必要なことであります。しかし、iPhone端末により負荷をかけるという事象が発生しているようです。CPUに負荷をかけ続けると「熱い!」と感じるようになります。
「iOSアップデート」は、最新のプログラムや改善も含まれているため必ず実施することをおすすめします。

年数が経過した以前のiPhone機種型番で「iOSアップデート」をおこなったりすると、古いパソコンに最新のアップデートをインストールすること同じように、古いパソコンのCPU処理が重たくなり、負荷がかかり動きが早くなるどころか悪くなることがあります。

暑い場所や高温環境状況下での使用による負荷

smapho prince
特に日中の暑い日や周囲の暑い環境での利用は、放熱効果がほとんどありません!そのような環境でiPhoneを利用するとすぐに熱い!と感じるようになります。

iPhoneはいろんな場所で利用します。もちろんユーザーの利用環境は様々です。室内で利用するユーザーであれば熱いと感じることはあまりないと思いますが、暑い外での使用環境だと使用状況は大きく違います。そのような環境では、iPhoneのCPU処理で負荷がかかり、すぐに熱い!と感じます。

対処方法

Maxくらいの大型の端末となると、iPhone11・Proより電源となるバッテリー量はさらに増え一番大きいサイズとなりますので、端末の大きさもそれ相応にあるため、使用により熱い!と感じるのが伝わりやすくなるのも確かです。

smapho prince
スマホ全体を含めiPhoneでもしっかり「対処方法」をしっかり理解しておくことが必要です。

iPhoneが「熱いと感じるときの対処方法」はこちらになります。

iPhoneが熱いときの対処方法

  • 使用を止めて、アプリを終了する
  • 電源をOFFにする
  • ケースやカバーはすべて外し、充電をしない
  • 涼しい環境で自然に冷ます
  • うちわを使って涼しい風を当て熱を逃がす
  • 扇風機で送風して熱を逃がす

最大のポイントは「自然冷却」がベストです!ケースやカバーを装着しているユーザーは必ず外しましょう。本体内部に熱がこもっていますので、ケースやカバーを外して熱を逃がせる環境にしましょう。

送風は、扇風機やうちわなど「自然な風」としてください。送風することで熱が早く逃げてくれるので冷却が早くなります。「パソコン用冷却ファン」をお持ちのユーザーさまであれば想像がつくでしょう。

スマホ用「冷却シート」を使ったりするのも効果があります。熱伝導率の高い金属の上に置いて熱を分散させる効果があるので早く熱を冷ますことができます。

【絶対に止めてください!】

よくありがちですが、使用を止めて電源OFFまではしても、電池がなくなっているからと充電する行為は✖です!充電で熱を持たせ故障原因、もしくは発火の恐れもありキケン⚠です!

送風で「エアコンの冷房風」「クルマのエアコン風」「アイスパック」「冷蔵庫」で冷やす行為は絶対にNG⚠です!


まとめ

熱いと感じる原因とその対処方法が理解できたのではないでしょうか。

最近はスマホケースで熱いことに気づかずに、端末不具合や熱が原因で電源が落ちたり、アプリが強制終了したりとユーザーさまにとって死活問題が起きてきます。特にゲームや時間をかけて作業していたことなど、場合によっては取り返しのつかない結果を招いてしまうこともあります。

たしかにスマホはなんでもできて便利がいいです。そこまで意識が向かずに気づかずに、「熱を持たせながらの過剰スマホ利用」となってしまうこともあります。スマホに集中しすぎて無理な利用にならないように、楽しく快適に便利にスマホを利用していきましょう(^^♪

この記事が皆さまのお役に立てると幸いです(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPhoneの不具合や故障原因を改善させる方法教えます!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です