新型ipad proのwifiモデルを紹介します!

みなさん、「スマホの王子様」です。

新型ipad proはwifiモデルとセルラーモデルが販売されています。

wifiモデルとは、wifiネットワークに接続している時のみネットへの接続利用が可能な端末です。反対にセルラーモデルは、携帯と同様のLTE回線(SIM)を利用して通信をおこないますので、外出先でもネット通信ができる端末です。もちろんwifiにも接続できますし、SIMを取り出してもwifiに接続できます。

わかりやすくお伝えすると、セルラーモデルは携帯と同じ感覚で利用でき、外でネッと通信するときはwifiと接続することなくSIMがあれば利用できる端末モデルです。wifiモデルはwifi接続時のみネット通信が利用できる端末モデルです。

今回は、新型ipad proのwifiモデルを中心にご紹介致します。

ipad proのwifiモデル(通信)

新型ipad proはwifiモデルとセルラーモデルあります。セルラーモデルの利便さはわかってるよという方も多いかもしれませんが、迷われている方の要因の多くが価格の違いです。

比較したいポイントは、wifiモデルとセルラーモデルでは、17,000円の価格差があります。
(ipad pro 64GB セルラーモデル、ipad pro 64GB wifiモデルで比較)
利便性に17,000円の価値があるかで考えることが必要となります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

iPad Pro 12.9インチ Wi-Fi 64GB MTEM2J/A [シルバー] 2018年11月
価格:116000円(税込、送料無料) (2019/2/11時点)

 

結果論から伝えると、iphoneを持っているとわざわざ、ipadにSIMカードを入れる必要はないかもしれません。iphoneとipad両方にSIMカードを入れればその分、単純に計算して2倍の通信料を払わないといけません。離れた場所でiphoneとipadを別々に利用するなどの理由がない限り、wifiモデルで十分だと考えます。セルラーは外で接続できて便利だという意見に対して、iphoneを持っていればテザリングを使用すればいいだけだからwifiモデルでいいという意見もあります。

もしあなたがiphoneを所有しているのなら、通信料金と端末代金の差額を考えると、wifiモデルでも十分だと感じます。

ipadは、基本的には閲覧用に使うことが多いので、動画閲覧、PDF閲覧、電子書籍閲覧といったところの利用が多いと感じます。事前にダウンロードなどでデータを自宅のネット環境(wifi)で準備して、外出先で上記のことをすることが多い環境であれば、wifi利用としてipad proを選ぶと思います。

どうしても外出先で必要であれば、ガンガンネットが利用できるwifiを利用できるカフェやホテルなどに行けば利用可能です。

ipad proのwifiモデル(GPS)

新型ipad proのwifiモデルには、GPS機能がついていません。

テザリング利用としてwifiモデルを外出先へ持ち出し、地図アプリを利用するとしてもipadでGPS機能の恩恵を受けるような機能を使っていないのが実情です。常にGPS機能を使いながら移動し場所を気にしているのならカーナビとして使う事を想定している人くらいかと思います。

もし、あなたがiPhone利用者なら考えていただくとわかると思いますが、iphoneを使っていてどういう時にGPS機能を使いますか?おそらく地図アプリを利用する時くらいだと思います。

地図を見るならiphoneで十分だと結論しますし、iphoneのサイズでも十分便利ですので、ipad proのwifiモデルでGPS機能にはあまり有り難みを感じないと思います。

ipad proのwifiモデル(まとめ)

新型ipad proはwifiモデルについて、金額差と利用シーンでwifiモデルでも十分であると感じた方も多かったかと思います。批判はしていませんが、wifiモデルの特徴を考えると、自宅利用が中心となると思います。

「セルラーモデルが便利だろう。」と思ってセルラーモデルにしても、利便性を考えて電子書籍や動画など重いデータは自宅でダウンロードしておくと、外出先で使えるのでwifiモデルでの利便性を感じてしまうと思います。皆さんの利用シーンや状況によりモデルを検討されると思いますので、新型ipad proはよく考えて購入をおすすめいたします。

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。
↓↓

新型ipad pro 2018のできること・できないことをご紹介します!