新型ipad pro12.9インチ2018 レビューを紹介します!

みなさん、「スマホの王子様」です。

2018年11月、新型ipad pro(第3世代)が販売されました!

今回は、新型ipad pro12.9インチ2018年販売モデルレビューとして「ipad pro 12.9インチ(第3世代)」のデザイン、使い勝手、旧モデルとの違いなど特徴的をご紹介していきます。

新型のipad proは、11インチと12.9インチの2種類がリリースされましたが、新型はホームボタンがなくなりベゼルレスデザインの採用により、見た目コンパクトを感じさせつつも画面いっぱいに操作ができとても広くなっています。またデザインもスタイリッシュになってくれて、ユーザー満足度をとても上品に感じさせてくれる、そんなデバイスになっています。

新型ipad pro12.9インチ2018 レビュー(デザイン)

最初の新型ipad pro12.9インチ2018年販売モデルレビューは、ipad pro 12.9(第3世代)の外観デザインです。

なんといっても2018年モデルのipad proからホームボタンがなくなりました。そのおかげで上下左右のベゼルの幅が統一され非常に整ったデザインスタイルへ変貌を遂げています。

四隅の角が丸くなってくれてより丸くなったデザインが、パッと見ても非常に整った雰囲気に感じることができます。ベゼルの幅は2017年モデルよりも狭くなっていますが、手にした時に画面を指で隠してしまい見にくいということはなさそうです。iPad Pro 2018のベゼル幅は絶妙なサイズになっているなぁと感心します。

ipad pro 12.9(第3世代)の本体サイズは、旧型モデルと比較してかなり小型化されてコンパクトになっています。ホームボタンがなくなっただけでこんなにも小さく感じるのはとても驚きです。画面サイズは全く同じで維持しているからスゴイです!

旧モデルと比較して全くの別物になったくらいスリムサイズとなりましたので、今まで入れることができなかったカバンにipad pro 12.9を入れて持ち運ぶことができるようになるかもしれませんね。

新型ipad pro12.9インチ2018 レビュー(使い勝手)

ipad pro 12.9(第3世代)の充電ポートが、LightningからUSB-Cに変わりました。充電器の見た目は大変似ていますが、全く違う充電差し込み口となっています。

ipad pro 12.9インチモデルは、PC型のMacbook 12インチモデルよりも大きなディスプレイを搭載していますのでとても迫力があります。写真編集や動画コンテンツを見たりするならipad pro 12.9の方がいいと思います。もちろん、しっかり作業をしたいユーザーならMacBookの方がいいのは間違いないと思いますが、タッチパネル操作に慣れている方はipad proは使い勝手は最高に素晴らしいデバイスとなってくれます。

また、ipad proはソファに座ってリラックスした状態でも色々とできるのも最大のメリットです。ホームボタンがなくなりベゼルレスデザインになりましたが、今までのipad proと比較してめちゃくちゃ良くなってます。少し大きく感じますが、この大きさでも常に持ち歩いていいかなと感じさせるデバイスになっていると思います。

新型ipad pro12.9インチ2018 レビュー(まとめ)

新型ipad pro12.9インチ2018年販売モデルレビューはいかがでしたでしょうか。

旧モデルからホームボタンがなくなりデザイン性が格段にあがりつつ、コンパクト感も感じさせ、同等の12.9インチと比べても、かなり高評価だと思いますね!

検討されている方はぜひ12.9インチipad proに触れてみましょう!

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。
↓↓

iphone xやmaxの全面ガラスフィルムのおすすめはこれ!