iPad Pro(2018)のできること・できないことをご紹介します!

みなさん、「スマホの王子様」です。

今回は、新型ipad pro 2018のできること・できないことをご紹介します。

旧型となったipad proの10.5インチ、12.9インチは通常シリーズで販売されているipadと機能性が高く格差がありました。やはり新型ipad proでも11インチ、12.9インチにおいてもできること・できないことを確認しておくことが必要と思います。

せっかく購入したのにできなかったことがあると気分が沈んでしますので、機能性の理解をしっかりおこなっておきましょう。

新型ipad pro 2018のできること・できないこと

ipad pro 2018のできること・できないことは、旧型ipad proと比較してみるとわかりやすいかと数点ピックアップしてみましたので、確認してみましょう。

1.旧型Apple Pencilが使えなくなってしまった。

旧Apple Pencil は残念ですが使えないようです。Lightinigポートが廃止されているので以前の旧型Apple Pencilとの互換性は完全にないようです。既にApple Pencilを持っている場合でも、もう一度新しいApple Pencilを購入しなければならないのはとても痛いところです。

2.USB Type-Cになって、旧型充電器が使えない。

2018年販売の新型ipad proから端子がiOS機器では初めてUSB Type-Cになりました。

USB Type-Cになったことで今まで利用していたLightningケーブルでの環境は全く使えなくなります。USB Type-C(オス) to Lightning(メス)といった変換アダプタもなくなりました。CarPlayやLightningイヤホンは新型ipadでは使えなくなっていますので、十分に注意しましょう。

ですがメリット部分も備わっています。
USB Type-CになってからUSB 3.1 Gen.2に対応しており、大幅な通信速度の向上が見込まれます。PCとの接続、直接カメラと接続して写真を読み込むといったことがデータ転送面で向上しております。従来のLightningケーブルではできなかったことが、USB Type-Cになってできるようになったようです。

バッテリー周りではUSB Type-Cに対応したことにより、iPadをモバイルバッテリー代わりに使うこともできるようになります。さらにMac用の充電器で充電したら、さらに高速な充電ができることも見込まれます。iPadは付属の「10W充電器」では充電速度が非常に遅かったのでこれは朗報です。
今回の新型iPadは、なんと「18Wの充電器が同梱されています。これで充電スピードは飛躍的に早くなるでしょう。

新型iphone xsやxs max・xrは、従来のLightningケーブル充電ですが、近い将来新型iphoneも、このUSB Type-Cになるのではと予想されます。そのようになってからでも周辺環境をType-Cに揃えていくかもしれませんね。

3.イヤホンジャックがなくなった。

appleアクセサリーでワイヤレスイヤホンも販売しているからでしょうか、新型のipadは廃止する方向になったようです。上面を見ても電源ボタンとスピーカーしかなく、残念ながらイヤホンジャックは廃止されたようです。USB-C to イヤホンジャックのアダプターが同時に発売されるようなのでどうしても使いたい人は一緒に購入するしかなさそうです。(同梱はされていません。)

新型ipad pro 2018のできること・できないこと(まとめ)

新型ipad pro 2018のできること・できないこと、ご理解いただけましたでしょうか。

マイナスと感じるか今後のプラスと感じるかはユーザー判断かと思いますが、機能性や実用性をあげていることには変わりありません。従来の既製品を活かせることも必要かなと個人見解としては感じましたが、マイナスを気にしても仕方ありませんので、今後のappleの展望に期待していきましょう。

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPad Pro 純正キーボードが反応しないとき対処方法をお伝えします!

iPad Pro 純正キーボードが反応しないとき対処方法をお伝えします!

格安SIMを比較して自分にピッタリ合うおすすめSIMを選びましょう!

レンタルSIMを比較してこれがおすすめのWi-Fiルーターです!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です