iPadを液タブとして選ぶなら一度比較してみるといいですよ!

みなさん、「スマホの王子様」です。

今回は、iPadを液タブとして選ぶなら一度比較してみるといいですよ!というテーマですすめていきます。

液タブ(液晶タブレット)選びで悩んでいるユーザーさま、大変悩みどころではないでしょうか。液タブを検討される多くのユーザーは、今の流行りである「iPad Pro(第3世代)シリーズ」を選択されています。その選択ポイントをいろいろと比較して選んでいます。

どのようなポイントを重視してiPad Proを液タブとしてチョイスされているのかに焦点を合わせ、これからご紹介していきます。

iPadを液タブとして選ぶなら、どこを比較しているの?

画像出典元:unsplash.com

iPadを液タブとして選ぶなら比較するなら、これからご紹介するポイントはぜひ押さえておきたいところがありますので参考にしてみてください。

smapho prince

多くのユーザーが、液タブとしてiPad Proを選んでいる理由があります。

iPadはもともと指タッチ操作しかできませんが、Apple pencil」が利用できるようになったことで描写表現にスタイラスペンを使えるようになりました。そのことがイメージや感性を最大限にかつ直感的に操作ができるようになったのです。それによりiPadを液タブとして使うという新しい使い方が生まれ、そのまま液タブの使い勝手をiPadで良い方向に進化・利用させていったというのが理由です。まさに技術進化の革命ですね!(^^)!

iPadを液タブとして選ぶポイント(アプリの充実)

smapho prince

これまで液タブでよく利用されてきたアプリケーション「クリップスタジオ」や「フォトショップ」がiOSで利用できるようになったのがきっかけで、iPadを利用するクリエイターが増えてくるようになってきました。

イラストレーターや漫画家さんたちがiPadで本格的に使用し始めてきて、プロフェッショナルな表現力豊かな描写が可能となり、クリエイター総合評価が知名度上がったことでiPadを液タブとして利用する存在価値を一気に高めてきたのは、まぎれもない事実であります。

iPadを液タブとして選ぶポイント(PCとの連携)

smapho prince

iPadでイラスト制作していると使っているデータを必ず連携が必要となります。

Wi-Fiやセルラーモデルとして通信機能があるiPadであれば、アプリケーション「クリップスタジオ」や「フォトショップ」がiOSで利用したデータが「データ同期」ができればPCとの連携できるので、iPadで制作するクリエイターたちがiPadを使うのは納得ですね。

iPadでデータ同期については、お使いのPCのOSやデータ同期をするためのアカウントが必要となります。これさえできれば、外出先で浮かんでくるアイデアやイメージを惜しみなく手前に準備しているiPadでクリエイトし、制作したデータを通信で同期することで、自宅でPCでデータ同期から続きや再編集ができるようになりますね(^^)/

iPadを液タブとして選ぶポイント(持ち運びできる利便性)

smapho prince

最終的にiPadを選択する決め手となるのは「この持ち運びできる利便性」でしょう(^^♪

PC作業はどうしても自宅作業が中心となり、外出となるとPC機材や専用液タブを持ち歩くという相当負担がかかりますが、iPadならこれ1台でApple Pencilさえあれば外出先でアプリ内でクリエイト作業ができるので、時間と効率と手軽さが一括でまとまっていますので、iPadが選ぶのは納得ですね(^O^)/

iPadと専用液タブを選ぶ(端末を比較)

smapho prince

液タブとして端末を選択するのであれば、iPadは「iPad Pro(第3世代)シリーズ」を、専用液タブなら「Wacom Cintiq 16」という端末を選択されるユーザーさまが多いようです。

ご紹介した端末について以下にてご紹介させていただきます。ご検討の際はぜひ参考にされてみてください。

「iPad Pro(第3世代)シリーズ」

以下はiPad Pro(第3世代)専用のApple Pencilや専用ケースとなります。参考にご紹介いたします。

「Wacom Cintiq 16」

以下は専用付属品となります。参考にご紹介いたします。

iPadを液タブとして選ぶなら一度比較(まとめ)

iPadを液タブとして選ぶなら一度比較してみる、いかがでしたでしょうか。

液タブ(液晶タブレット)選びで悩んでいるユーザーさま、液タブを検討される多くのユーザーは、今の流行りである「iPad Pro(第3世代)シリーズ」を選んでいます。その選択ポイントをいろいろと比較紹介いたしました。

PCとの連携使用として専用液タブ「Wacom Cintiq 16」が最新モデルで選択されている液タブとしてご紹介させていただきました。

smapho prince

実用性を重視してiPad Proが液タブとしてチョイスされている理由は、

  • 「自宅内でもいろんな場所で移動させ作業できる」
  • 「専用アプリがiPadにインストールでき、作業後のデータを同期できる」
  • 「外出先に持ち運べていつでもクリエイト作業できる」

以上が選択ポイントとなっています。

選択に迷っていたらぜひこちらの記事で参考にしていただけると幸いです(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPadでPCをリモート遠隔操作できる方法を教えます!

iPadでPCをリモート遠隔操作できる方法を教えます!

2019.11.02