iPadで写真を同期する方法を知っておきましょう!

みなさん、「スマホの王子様」です。

iPadで写真を同期する方法を今回お伝えしていきます。

もしiPad端末がトラブルで故障したり壊れたりしたとき、楽しい思い出の写真たちはすべてデータは消えてしまいます。保存しておかないとどうすることもできません。

写真を保存するために操作する方法で大変便利に活用できる「同期」の意味合い・やり方をここでお伝えして、皆さまも「同期」ができるようにトライしてみましょう。


iPadで写真を同期する方法

画像出典元:pexels

同期する方法として、どのような方法で「同期」をするかで操作が違います。「同期」をする準備やフローを整理して操作ができるようにしていきましょう。

smapho prince
「同期」という言葉を聞いて知ってる!というユーザーさまと、なんとなくわかるけど・・と自信なく言われるユーザーさまと両極端かもしれません。

「同期」を経験したことがあるユーザーさまにとって、この「同期」は大変便利な機能です。まだ「同期」を経験したことがないユーザーさまは、なんのことか意味も解らないと思いますので、ここでいま一度理解を深めていきましょう。

「同期」とは、「iPad端末」と「データを保存している保存先」両方のデータを「全く同じデータを共有している状態=両方とも同じデータ」にすることです。

iPadで写真を同期する方法(iTunes)

smapho prince
一番同期でこの方法をイメージしているユーザーが多いと思います。

ネット環境があるPCにケーブルを繋いでデータを保存する方法が「iTunes」です。PCに専用アプリ「iTunes」をインストールして「同期」をおこないます。この方法は経験したことがあるユーザーなら知っているでしょう。

ここからiPadで写真を同期する方法(iTunes)を伝えます。

iPadで写真を同期する方法(iTunes)

  1. お使いのPCにある「iTunes」を開く
  2. 付属のUSBケーブルでiPadとPCを接続
  3. iTunes内にあるウインドウ、左上付近にある「デバイスボタン」をクリック
  4. 左側レーンにある「写真」をクリック
  5. 「写真を同期」の横のチェックボックスをクリック
    ※「iCloud写真がオンです」と表示される場合、すべての写真とビデオがiCloud写真を使っているすべてのデバイス上にある状態なので、iTunesで同期する必要はありません。
  6. 「すべてのフォルダ」または「選択したフォルダ」同期したいフォルダを選ぶ
  7. 「選択したフォルダ」を選んたとき、下段にフォルダが表示されるので「保存したいフォルダ」にチェックを入れる
  8. 「適用」をクリック

iPadで写真を同期する方法(iCloud)

smapho prince
「iCloud」は、皆さんがこれからiPhone・iPadでデータをバックアップ(保存)するときに使うことがあります。

撮影した新しい写真・編集した写真が、Wi-Fi・モバイルデータ通信でインターネットに接続されていれば、自動的にアップロードされてリアルタイムでデータ保存される仕組みが「iCloud」です。これが一番便利いいところです(^O^)/

ここからiPadで写真を同期する方法(iCloud)を伝えます。

【始める前におこなうこと】

  • iPadを最新のiOSバージョンにアップデートしてください。
  • お使いであるすべてのデバイス(端末)を、同じApple IDを使って「iCloud」にサインインしているか確認をしてください。
  • お使いであるすべてのデバイスで「iCloud」を設定してください。Windows PCをお使いの場合「Windows 用 iCloud」をダウンロードしてください。
  • デバイス(端末)をWi-Fiに接続してください。

iPadで写真を同期する方法(iCloud)

iPadで「iCloud写真」を有効にするフロー

  1. 「設定」をタップ
  2. 「ユーザ名」をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「写真」を選択し「iCloud写真」をオンにします。

Macで「iCloud写真」を有効にするフロー

  1. 「システム環境設定」→「iCloud」の順に選択
  2. 「写真」の横にある「オプション」をクリック
  3. 「iCloud写真」を選択

Apple TVで「iCloud写真」を有効にするフロー

  1. 「設定」を選ぶ
  2. 「アカウント」を選ぶ
  3. 「iCloud」→「iCloud 写真」の順に選択

Windows パソコンで「iCloud写真」を有効にするフロー

  1. 「Windows 用 iCloud」をPCにダウンロード
  2. 「Windows 用 iCloud」を開く
  3. 「写真」の横にある「オプション」をクリック
  4. 「iCloudフォトライブラリ」を選択
  5. 「終了」をクリック
  6. 「適用」をクリック

iPadで写真を同期する方法を上記の「iTunes」「iCloud」のフローで手順通りすすめることができれば、写真のデータは同期され、接続されているすべてのデバイス(端末)で写真が見れるようになります。

Androidを利用されているユーザーさまは「googleフォト」を知っていると思います。「googleフォト」も同じ仕組みで、同じgoogleアカウントでログインしているデバイス(端末)で写真が共有(シェア)され、データ同期された写真たちを見ることができることと同じです。


iPadで写真を同期する方法(まとめ)

写真をiPadで同期する方法を確認して、設定や操作等はできましたでしょうか。

「同期」という言葉、初めて聞くと難しい言葉です。その仕組みと目に見えないデータが集まって「データを集めて共有している集合体」が「同期」です。

意味合いが理解でき仕組みがわかると、写真というデータが一元化され、端末で見ることができる仕組みのスゴさを体感すると思います。もちろんすでに理解できているユーザーさまは、この「同期」を使いこなし、便利な機能として利用しています。

何度も繰り返し理解できるまでは時間かかるかもしれません。でも「データ同期」を学んで身につければ、こんなに簡単なことだったんだ!とあっさりと気づくでしょう(^O^)/

この記事が皆さまのお役に立てると幸いです(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPadとパソコン間でデータ移行する知識を持ちましょう!

iPadとパソコン間でデータ移行する知識を持ちましょう!

格安SIMを比較して自分にピッタリ合うおすすめSIMを選びましょう!

レンタルSIMを比較してこれがおすすめのWi-Fiルーターです!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です