iPadが充電できないときの原因とその対応方法をお伝えします!

みなさん、「スマホの王子様」です。

iPadが充電できないときの原因とその対応方法を、今回はお伝えします。

iPadが充電できなくなったことありますか?「スマホ王子」はまだ一度も経験ありませんが、この思わしくない状況、なぜ充電できないのか外見上でわかりにくいものです。iPadを充電しようとしても、USB充電器でもパソコンに接続してもiPadは「充電していません」の状態表示、充電できないから原因はiPad端末本体と思ってしまいますが、意外に端末故障が原因ではないのです。

端末故障でないとすれば、なぜiPadは充電できない状態「充電していません」と表示されてしまうのか、その原因と対応方法をお伝えしていきます。


iPadが充電できないときの原因とその対応方法

画像出典元:pexels

充電できないときの原因とiPadでの対応方法をまとめていきますのでご覧ください。

USB充電器・ケーブルの確認

通常利用している充電器セットは、iPadのとの充電器セット(純正USB充電器・ケーブルとのペア)で使っているのが一般的です。別売で購入したサードパーティ系製造のUSB充電器・ケーブル使用でも共通してお伝えできる原因と対応方法があります。

smapho prince
充電器とケーブルの接続が原因で充電ができないことがあります。充電器とケーブルを繋ぎ直すことで解決できます! 
対応方法は、iPad端末本体とケーブル接続を差し込み直すことも必要ですが、充電器とケーブルと接続しているUSB部を繋ぎ直しましょう!

充電電力の数値量確認

充電器の出力(ワット)数値量確認とケーブルからの電流(アンペア)数値量確認をしてみましょう。ここに充電ができない原因とポイントがあります。

smapho prince
充電器の出力(W・ワット)数値量が少ないとき、電流が多く流れないのが原因で充電ができません。

ケーブルからの電流数値量(A・アンペア)が少ないときも同じく、電流が多く流れないのが原因で充電ができません。

出力(W・ワット)が多い充電器を選ぶこと、ケーブルも電流(A・アンペア)が多く運べるケーブルを選ぶことが対応方法です!

おすすめの充電器とケーブルを前回の記事よりお伝えしております。参考にしてください。

↓↓↓↓↓↓↓

iPadを急速充電したいときおすすめする充電器はこちらです!

外的要因の確認

iPad端末本体の充電端子部とケーブル先端部・ケーブル全体の断線など目視できる範囲を確認しましょう。キレイに清掃(掃除)することで充電が可能となります。

smapho prince
充電器のUSB部のホコリ」や「ケーブル部の先端の端子破損・汚れ・断線」などの外的要因が原因で、充電ができないことがあります。

「キレイに清掃(掃除)することで充電ができる」ようになります。

充電器は、コンセント部とUSB接続部をチェックしましょう。Lightningケーブルは、「本体差し込み端子部」「USB接続部」、外的要因が一番多い「断線」などのチェックをしましょう。

断線したケーブルを継続使用は、非常に危険です!傷んでいる・断線を発見した場合、即時使用中止してください!

特にLightningケーブルは、毎日使用しますので劣化が非常に早くなりやすい部分です。ケーブル時自体を破損させるような引っ張ったり、ねじ曲げたりして負担をかけていると断線する可能性大です!

Lightningケーブルを購入検討の際は、「Apple純正品ケーブル」もしくは「MFi認証済み公式ライセンス認証製品」を利用することで、充電できないなどの不具合は解消されることができます。

おすすめの充電器とケーブルを前回の記事にてお伝えしております。参考にしてください。

↓↓↓↓↓↓↓

iPadを急速充電したいときおすすめする充電器はこちらです!

iPad端末の再起動後確認

USB充電器やLightningケーブルにも問題ないし、充電電力・電流の供給量は安定しているし、外的破損も見受けられない、特定の症状がないためどうしたらいいかとても困ります。実はiPadを使用するばかりで意外に普段できていないことがあります。それは「iPadの電源再起動」です。一度トライしてみましょう。

smapho prince
電源を長時間ONのままだと、動きが悪い・調子が悪くなるなどが原因で充電ができないことがあります。
iPadの電源再起動方法は、以下の操作フローとなります。
iPadの電源再起動方法

  1. 「電源ボタン」を長押しすると、「スライドで電源オフ」が表示。スライドさせると電源OFFとなる。
    (iPad Proは、「電源ボタン」と「サイドの音量ボタンどちらか」を同時長押しで、「スライドで電源オフ」が表示さます)
  2. 電源が落ちてから、約2〜3分して再度「電源ボタン」を長押ししてiPadを電源ON(起動)します。
  3. 改善しない場合は、端末要因の故障の可能性大のため「「Appleサポート」に相談する。

「電源をOFFにして、しばらくして電源ONにすること」

意外にこれ普段できていないことなのですが、一度トライしていただくと、改善して充電ができるようになることがあります。この一連の動作と対応方法を私「スマホ王子」は「リセット」と呼んでいます。


iPadが充電できないときの原因とその対応方法(まとめ)

原因が解ると普段からその原因にならないように注意しながら利用する意識ができます。また、iPadが充電できないときの対応方法を知っておくと、今後の端末アフターやメンテナンスをある程度自己判断しながらどこが悪くて充電できないのか落ち着いて対応できます。

すべてを故障と決めつけ判断せず、まずは原因となる状況を確認して対応方法をできるように行動すれば、改善につながっていくことになりますので、できることをしっかり対処してみましょう。

この記事が皆さまに参考になってくださると幸いです(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPadを急速充電したいときおすすめする充電器はこちらです!

iPadを急速充電したいときおすすめする充電器はこちらです!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です