iPadを下取りする前に完全に初期化する方法を教えます!

みなさん、「スマホの王子様」です。

iPadを下取りする前に完全に初期化する方法を今回お伝えいたします。

みなさんの所有しているiPadを新機種に取替したりしたとき、手元に残しているiPadがバックアップ復元等でデータコピーが完了してしばらくすると、ほとんど使われなくなります。そんなとき中古市場で個人売買するためにiPadを下取りできることはご存知でしょうか。

下取りしてもらう際に必ず実施しなければならない初期化が、完全にできず手元に残さざるをえない状態となり、個人売買できなくて困っているユーザーさまがいらっしゃると聞いたことがあります。

これから下取りを検討されるみなさまへ、これからiPadを下取りする前に完全に初期化する方法を伝授していきます!


iPadを下取りする前に完全に初期化する方法(手順)

画像出典元:unsplash

下取りする前にiPadを完全に初期化する方法を、これから手順解説してまいります。

iPadを初期化するとデータはすべて消去されます!必ずデータのバックアップを「iTunes」や「iCloud」で事前にバックアップしましょう。もしバックアップをしていないと、次のiPadへ機種変更する際に最新データを復元できなくなります!

iPadを初期化をする手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「Wi-Fi」をタップ。スイッチを緑色(ON)にして、Wi-Fiネットワークを接続しておく。(通信していることで最後の初期化が進みます。)
  3. Wi-Fiが接続できたら「一般」をタップ
  4. 「リセット」をタップ
  5. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
  6. 画面ロックで利用していた「パスコード」を入力。もし事前に決めていた「機能制限パスコード」を求めてきたら入力する。(ない場合は「パスコード」のみ入力で次に進みます。)
  7. 「iPadを消去」を2回タップ
  8. Apple IDの「パスワード入力」する。
  9. Appleロゴの表示に切り替わり、端末初期化が始まる
  10. 初期化が完了したら「こんにちは」画面が表示したら、iPadを完全に初期化が完了です!

この手順で初期化を進めると「iPhoneを探す」や「アクティベーションロック」は無効化されます。ここでのポイントは、Wi-Fi通信でインターネット接続しておくと通信で即時Apple ID認証ができるため「パスコード」や「パスワード」が即時認証できるのでリセット(初期化)が進みます。

iPadを下取りする前に完全に初期化する方法(まとめ)

初期化する方法はご理解できましたでしょうか。

iPadを下取りする前にこの方法を知っておけば、個人売買で手放すiPadのデータは完全に初期化できますので、安心して中古市場へ送れます。

繰り返します。いままでのiPadを下取りするために初期化するのであれば、必ず忘れずにデータバックアップを実施してください!そうすれば事前にiTunesやiCloudでデータバックアップを事前に実施しているユーザーさまであれば、新しいiPadを手にされた後でデータ復元実施できます。次のiPadに復元ができたら安心して下取りするiPadのデータを完全に初期化できますので、手順通り実施されてください。

初期化したことがないユーザーさまが大半であるはずです。何回もすることではありませんので、この方法手順がみなさまにとって操作サポートフローとなっていただけると幸いです(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPadを支える三脚はこちらがおすすめです!

iPadを支える三脚はこちらがおすすめです!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です