iPadでテザリングなぜ切れるの?を解決する方法があります!

みなさん、「スマホの王子様」です。

iPadでテザリングなぜ切れるの?を解決する方法について進めてまいります。

接続したのになぜか切れてしまうテザリング、パスワードは設定しているから切れるはずはないのに、iPadでテザリングしてなぜ切れるの?どうしてなんだろう?調べていくうちに深まる疑問…そんな疑問を解決できる方法をまとめておりますので、ぜひこちらを参考にしてみてください。


iPadでテザリングがなぜ切れるの?(原因)

画像出典元:unsplash.com

テザリングがiPadでなぜ切れるの?を解決する方法をお伝えする前に、まずiPadテザリングが切れる原因をお伝えいたします。

iPadでWi-Fiテザリングが切れる原因

smapho prince
iPadのテザリングが切れる原因は、以下の状態や条件が重なってこの環境を作り出しているようです。

「インターネット共有」の画面を閉じた状態、スリープ状態で、テザリング接続数がゼロの状態で90秒以上続いたとき、iPadのテザリングが切れます。

 「インターネット共有」の画面そのものを閉じてしまい、テザリング接続数もゼロの状態が90秒以上続いたときは、通信そのものをカットします。再接続をしないといけなくなります。スリープ状態にしても同じです。どんなに長時間通信したくてもこれは避けようがありません。

  WiFiテザリング」自体は、電力消費が非常に多いです。最初からiPadの電池節約のためにAppleがWiFi接続を自動解除にする設定にしているのでしょう。

iPadでテザリングが切れるのを解決する方法(対策)

それでは、iPadでテザリングが切れるのを解決する方法はどのようにしたらよいのでしょうか。まとめると以下のような対策で解決に進みますのでトライしてみてください。

smapho prince

  1. 「Bluetoothテザリング」で接続する。
  2. 「USBテザリング」で接続する。
  3. WiFi・bluetoothともにON、インターネット共有もONで接続する。

Bluetoothテザリングで接続する方法。

先にお伝えした「90秒タイマー」が働きません。接続が切れてもBluetoothの接続画面から再度接続することができるので、ベストに近い解決できる方法だと思います。トライしてみましょう!(^^)!

USBテザリングで接続する。

有線接続でありますが一定の場所で通信接続もしくは移動していないときの接続は、これが確実にテザリング接続が切れない方法です。トライしてみましょう!(^^)!

 WiFi・bluetoothともにON、インターネット共有もONで接続する。

親機側のiPadで、「WiFi・ON」「Bluetooth・ON」「インターネット共有・ON」にして、子機側は「Wi-Fiでテザリング接続」します。
この状態ならWi-Fi接続がタイマーで接続切れても、Bluetoothテザリングは「90秒タイマー」が働かないので、持続してテザリングが続けられます。トライしてみましょう!(^^)!


iPadでテザリングが切れるのを解決する方法(まとめ)

切れる理由とiPadのテザリングの仕組み、理解できましたでしょうか。iPadでテザリングのパスワードも設定しているし、つなげる準備はしっかりできているのになぜ切れる?とみなさんも不思議な状態であったかと思います。

意外にもiPadのテザリングの仕組みで知らなかった自動接続解除設定が働いていることが判明いたしました。テザリングを長時間持続し続けると端末の負担が大きくなりますのでiPad端末にとって良いことだと思います。その原因や対策がこの記事で理解ができて、iPadでテザリングが切れたときの解決方法がわかってくだされば幸いでございます(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

iPadでテザリング利用する設定や方法をお伝えします!

iPadでテザリング利用する設定や方法をお伝えします!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です