iPadをMacのサブディスプレイにする新機能や利用方法を知りましょう!

みなさん、「スマホの王子様」です。

今回は、iPadをmacのサブディスプレイにする新機能や利用方法を知りましょう!というテーマで進めてまいります。

2019年9月に新しいiOSがリリースされ、今までできなかった新機能がiPadで可能になりました。みなさんもご存知であるアクセシビリティ機能が拡張され、マウス機能が追加されたのもひとつあります。さらに追加で2019年10月より「mac OS Catalina」の正式版が一般ユーザー向けに公開されました。

その中の新機能のひとつが、iPadをMacのサブディスプレイとして使える「Sidecar(サイドカー)」という新機能です。今回は皆さまもご利用されているiPadをご自身が所有されているmac OS PCのサブディスプレイにする方法をまとめ今後の利用のために情報提供してまいります。


iPadをMacのサブディスプレイにする新機能や利用方法

画像出典元:Pixabay

iPadをmacのサブディスプレイにする新機能や利用方法を知りましょう!

まず知っておきたいことは「Mac OS Catalina」の正式版の中身です。「iTunes」が「Apple ミュージック」「Apple TV」「Podcasts」の3アプリに分割され、機能特化したアプリとなったり、ゲーム遊び放題「Apple Arcade」とコンテンツの充実が目立ちますが、今回のテーマであるiPadをサブディスプレイとして使える「Sidecar」の新機能はいままでにない画期的な機能となっています。

このiPadをサブディスプレイとして使える「Sidecar」の新機能を利用するための設定方法を確認していきましょう。

iPadをサブディスプレイとして使う「Sidecar」の設定方法

smapho prince

こちらがiPadをサブディスプレイとして使える「Sidecar」の設定方法です(^^♪

MacとiPadをアップデートと設定方法

  1. MacをApp StoreよりmacOS Catalina以上にアップデートする。
    「mac OS Catalina」に対応したMacは、こちらから確認できます。
  2. 約8GB以上の容量があるためアップデートにかなり時間がかかりますので、データ容量と時間にゆとりを持ってアップデートしましょう。
  3. iPadを「iPad OS 13」以上にアップデートする。
  4. 「設定」→「ソフトウェア・アップデート」で更新をする。
  5. iPadとMacが同じApple IDでiCloudにサインインしていること、iPadとMacが両方ともWi-FiとBluetoothがオンになっていることを確認。

smapho prince
MacとiPadをアップデートと設定方法が準備できたら、次はSidecarの利用手順です。
MacとiPadのSidecarの利用手順

  1. Macのメニューバーにある「AirPlay」ボタンを押す。
    Macのメニューバーに「AirPlay」ボタンがない場合、システム環境設定の「Sidecar」を選択してください。
  2. 選択肢にiPadが出てくるのでクリック。
  3. 接続できたら完了!
  4. MacとiPadのディスプレイ配置を変えたい場合、システム環境設定の「ディスプレイ」の配置タブからドラッグ&ドロップで自由に動かすことができます。

MacとiPadのSidecarの利用手順は、設定ができれば非常に簡単な操作ですので、MacとiPadを両方所有されているユーザーさまはぜひ設定してみましょう!(^^)!

iPadをMacのサブディスプレイにする新機能や利用方法(まとめ)

iPadをmacのサブディスプレイにする新機能や利用方法、理解できましたでしょうか。

上記でご紹介した「MacとiPadをアップデートと設定」「MacとiPadのSidecarの利用手順」を手順通りすすんでいただければ、iPadをmacのサブディスプレイにすることができるようになります。MacとiPadを両方所有されているユーザーさまは、ぜひ設定していただき作業効率が飛躍的に上がると幸いです(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

レンタルSIMを比較してこれがおすすめのWi-Fiルーターです!

レンタルSIMを比較してこれがおすすめのWi-Fiルーターです!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です