HUAWEI nova lite 3 SIMフリーは格安スマホで大人気!

みなさん、「スマホの王子様」です。

今回は、HUAWEI nova lite 3 SIMフリー端末は格安スマホでどうして大人気なのかを紹介していきます。

2019年2月からファーウェイより格安スマホとして発売を始め、スマホの価格は高いもので10万円以上が通常となってきましたが、この「HUAWEI nova lite 3」は、超破格値の3万円を切る通常価格26,880円(税別)です。2万円台というところが、機能性もですが十分すぎるくらい内容良いスペックであることも人気のヒミツなのです!

ではこの「HUAWEI nova lite 3」を取り扱う国内MVNOでの通信も多く存在してきておりますので整理し確認をしてまいります。

HUAWEI nova lite 3 SIMフリーはどのMVNOの格安SIMがいいの?

画像出典元:gsmarena

2019年7月現在「nova lite 3」を取り扱っているMVNOはこのようになっております。

smapho prince

格安MVNOでチョイスできるところ、上記だけでも13ものMVNOと格安スマホとして提供!かなり多いですね(^^
どこのMVNOで使うかは、ユーザー側で選択できるのでとてもイイですね!
「nova lite 3」の大人気のヒミツ、ここにあります(^^♪

HUAWEI nova lite 3 SIMフリーは、どの国内キャリア回線のMVNO格安SIMを使うのでしょうか?

「nova lite 3 SIMフリー」を取り扱っているMVNO回線は国内キャリア回線を利用しているのか確認していきましょう。国内キャリア回線とは、ドコモ・au・ソフトバンクとなりますが、どの回線で利用しているのかを各MVNOで整理しておきます。

smapho prince

解りやすくいうと、「楽天モバイル」はドコモ回線を使っているという感じです。「BIGLOBEモバイル」はドコモ・auの2つを利用可能、端末販売セットをおこなっていないY!mobileはソフトバンク回線利用となるようです。

ドコモ回線MVNO

「楽天モバイル」・「OCNモバイルONE」・「BIGLOBEモバイル」・「DMMモバイル」・「NifMo」・「LINEモバイル」・「イオンモバイル」・「IIJmio」・「QTモバイル」・「mineo」・「nuroモバイル」・「Linksmate」・「TONEモバイル」・「U-mobile」・「b-mobile」・「DTI SIM」・「Wonderlink」・「0SIM」・「インターリンクLTE SIM」・「Tikimo SIM」・「LIBMO」・「スマモバ」

au回線MVNO

「UQモバイル」・「BIGLOBEモバイル」・「イオンモバイル」・「IIJmio」・「QTモバイル」・「mineo」・「J:COMモバイル」・「Tikimo SIM」・「Fiimo」

ソフトバンク回線MVNO

「LINEモバイル」・「nuroモバイル」・「QTモバイル」・「mineo」・「Y!mobile」・「U-mobile」・「HISモバイル」・「Hitスマホ」・「Repair SIM」・「ロケットモバイル」

smapho prince

「QTモバイル」「mineo」は全キャリア回線対応になっていますね!どの通信網を選択できるのもポイントですね(^^♪
各キャリア対応を自由に選択できる「nova lite 3」の大人気のヒミツ、ここにもありますよ~(^^♪

まとめ

HUAWEI nova lite 3 SIMフリー端末、格安スマホでどうして大人気なのか確認できましたでしょうか。

「nova lite 3」の大人気のヒミツ、超破格値の3万円を切る2万円台というところ、機能性もですが十分すぎるくらい内容良いスペックであること、各キャリア対応で格安MVNOで自由にチョイスできるところも、大人気のヒミツですよ~!

どこのMVNOを使うかはユーザー側で選択できるので、MVNOで破格に安い回線で「nova lite 3」端末もGetして利用するのもとてもイイですね(^^♪

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください

↓↓↓↓↓↓↓↓

HUAWEI nova lite 3 スペックは価格以上にいいレビュー!

HUAWEI nova lite 3 スペックは価格以上にいいレビュー!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です