galaxy s10 とs10 plusのスペックをチェックしましょう!

みなさん、「スマホの王子様」です。

今回は、2019年最新モデルとして発表されましたgalaxy s10 とs10 plusのスペックをチェックしていきます。2019年3月、海外モデルとしてgalaxyモデル「galaxy s10」と「galaxy s10 plus」が発売になりました。日本でも大手キャリアドコモとauから「galaxy s10」と「galaxy s10 plus」が販売されることが決まっております。

2019年夏モデルとしてドコモから「galaxy s10 SC-03L」と「galaxy s10 plus SC-04L」が2019年6月1日から販売開始されました。2019年7月下旬には「galaxy s10 plus (Olympic Games Edition) SC-05L」が東京2020オリンピック限定モデルとして販売予定となっております。

同じく2019年夏モデルとしてauからは「galaxy S10 SCV41」が、2019年5月23日から販売開始となっております。

それでは各キャリア・海外版も含めスペックや特徴を紹介します。

galaxy s10 のスペックはこのようになっています

 画像出典元:gsmarena

最初にgalaxy s10 のスペックをみてまいりましょう。galaxy海外モデル「galaxy s10」、日本からドコモより「galaxy s10 SC-03L」、auから「galaxy S10 SCV41」として販売しております。スペックはどの端末も同等になっておりますのでまとめてご紹介させていただきます。

S10 のスペックモデル galaxy s10・SC-03L・SCV41

キャリア:ドコモau
発売日:2019年6月1日(ドコモ)・2019年5月23日(au)


【基本性能】
OS:android 9.0
高さ:149.9mm
幅:70.4mm
厚さ:7.8mm
重さ:157g
画面:6.1型有機EL・カーブDynamic AMOLED
解像度:3040×1440
画面密度:550ppi
CPU:Snapdragon 855
メモリ:8 GB
容量:128GB
外部メモリ 推奨最大容量:
microSD:2GB・
microSDHC:32GB・microSDXC:512GB
画面指紋認証:搭載


【メインカメラ機能】
メインカメラ画素数:1600万画素超広角+1200万画素広角+1200万画素望遠(トリプルレンズ)
F値:f2.2 + f1.5/f2.4 + f2.4
センサーサイズ:1/3.1型+1/2.55型+1/3.6型
ズーム・レンズ仕様:0.5/2倍光学ズーム・10倍デジタルズーム・123度の「超広角」レンズ搭載

【前面カメラ性能】
前面カメラ:1000万画素シングルカメラ(F1.9)


【通信】
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
パケット通信:
受信 1576Mbps送信 75Mbps(ドコモ)
受信 1000Mbps/送信 75Mbps(au)


【バッテリー・その他】
バッテリー:3400mAh
急速充電:USB Power Delivery(USB PD)
ポート:USB-C、3.1
ボディカラー:プリズムホワイト・プリズムブラック・プリズムブルー
ワイヤレス充電:あり(他のデバイスへのワイヤレス給電にも対応)
防水防塵: 防水 IPX5/IPX8・防塵 IP6X
おサイフケータイ:あり(ドコモ・au)

連続通話時間:
(ドコモ)LTE:1340分(VoLTE)・3G:1090分・GSM:750分
(au)約1,930分

連続待受時間:(ドコモ)LTE:340時間・3G:340時間・GSM:300時間
(au)約390時間(4G LTEエリア/WiMAX 2+エリア)
電池持ち:(ドコモ)実使用時間 120時間 (au)測定中

galaxy s10 plusのスペックはこのようになっています

次にgalaxy s10 plusのスペックを確認していきましょう。こちらもgalaxy海外モデルから「galaxy s10 plus」、ドコモより「galaxy s10 SC-04L」、auから「galaxy S10 SCV42」として販売しております。plusもスペックは同等になっておりますのでまとめてご紹介させていただきます。

S10 plusのスペックモデル galaxy s10 plus・SC-04L・SCV42

キャリア:ドコモau
発売日:2019年6月1日(ドコモ)2019年5月23日(au)


【基本性能】
OS:android 9.0
高さ:157.6mm
幅:74.1mm
厚さ:7.8mm
重さ:175g・198g(セラミックモデル)
画面:6.4型有機EL・カーブDynamic AMOLED
解像度:3040×1440
画面密度:522ppi
CPU:Snapdragon 855
メモリ:8 GB
容量:128GB
外部メモリ 推奨最大容量:
microSD:2GB・
microSDHC:32GB・microSDXC:512GB

画面指紋認証:搭載


【メインカメラ機能】
メインカメラ画素数:1600万画素超広角+1200万画素広角+1200万画素望遠(トリプルレンズ)
F値:f2.2 + f1.5/f2.4 + f2.4
センサーサイズ:1/3.1型+1/2.55型+1/3.6型
ズーム・レンズ仕様:0.5/2倍光学ズーム・10倍デジタルズーム・123度の「超広角」レンズ搭載

【前面カメラ性能】
前面カメラ:1000万画素+800万画素デュアルカメラ(F1.9+F2.2)


【通信】
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
パケット通信:
受信 1576Mbps送信 75Mbps(ドコモ)
受信 1000Mbps/送信 75Mbps(au)


【バッテリー・その他】
バッテリー:4100mAh
急速充電:USB Power Delivery(USB PD)
ポート:USB-C、3.1
ボディカラー:プリズムブラック(ドコモ)プリズムブラック・プリズムホワイト(au)
ワイヤレス充電:あり(他のデバイスへのワイヤレス給電にも対応)
防水防塵: 防水 IPX5/IPX8・防塵 IP6X
おサイフケータイ:あり(ドコモ・au)

連続通話時間:
ドコモ)LTE:1520分(VoLTE)・3G:1420分・GSM:940分
(au)約2,340分
連続待受時間:
(ドコモ)LTE:430時間・3G:400時間・GSM:350時間
(au)約450時間(4G LTEエリア/WiMAX 2+エリア)
電池持ち:(ドコモ)実使用時間 140時間 (au)約130時間


galaxy s10 plus (Olympic Games Edition)は、生産限定の完全予約制です!

早いもので開催まであと1年となってきました東京オリンピックですが、galaxy 10 plusの限定モデルで登場します。
その名も「galaxy s10 plus Olympic Games Edition」

こちらは2019 年5 月16 日(木)から、ドコモオンラインショップにて10,000 台限定で予約受付を開始しており、2019年7月下旬より販売予定となります。

端末本体に加え、完全ワイヤレスイヤホンの新製品「Galaxy Buds」のオリンピックマーク入りモデルが同梱されたプレミアムパッケージで、日本国内のみ展開されます。

詳細につきましては、こちらよりご覧くださいませ!

東京2020オリンピック限定モデル登場!
「galaxy s10 plus Olympic Games Edition」

画像出典元:galaxy mobile

まとめ

galaxy s10 とs10 plusのスペック、いかがでしたでしょうか。

galaxyモデルが販売されてちょうど10年が経過、メーカーサイトでもパイオニアとしてモバイル市場を牽引し続けた集大成と謳っているgalaxy s10・s10 plus。キャリアでも販売開始されておりますので、実際に手に取ってハイスペックを身をもって体験してみましょう。ここでスペック情報をまとめましたので、ぜひ参考にされてください。

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

galaxy note 9の中古最新情報 在庫状況や価格を調べてみました。

galaxy note 9の中古最新情報 在庫状況や価格を調べてみました。


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です