子供に使ってもらう携帯で安い携帯電話会社はこちら!

みなさん、「スマホの王子様」です。

今回のテーマは、子供の携帯で安い携帯電話会社は?をコンセプトにご紹介します。

まずはここ数年の携帯業界のことを知っておきましょう。皆さんも生活の一部となってきた携帯電話のスマホ(スマートフォン)ですが、このスマホの基本料金自体が以前に比べてかなり安くなってきています。

スマホの利用により、例えばパソコンでしていた情報収集や作業が今は手元でかつ簡単に操作できすようになってきました。もはやガラケーは、インターネットによる大容量通信での情報収集やサイト構築自体が追いついていかなくなっています。

そしてスマホは、買い物でお金の支払いができるキャッシュレス決済端末としても利用できるようになってきており、年齢層問わず必ず必要となった生活必需品となってきました。

数十年前は、自宅に固定電話(私も使ったことあります。。)があり、電話として日常利用していました。今はほとんどなくなり、携帯電話での通話、そしてスマホを使ってLINE電話と携帯電話の使い方も進化してまいりました。

前置きはこのくらいにして、、、
本題である子供に安心して使うことができる、子供に使ってもらう携帯で安い携帯電話会社は?をポイントに、ご紹介してまいります。

子供に使ってもらう携帯で安い携帯電話会社(格安SIM・格安スマホ)

子供の携帯で安い携帯電話(格安)会社が、ここ数年基本料金の安い金額で通信を提供されるようになりました。この会社が提供しているスマートフォンのことを「格安スマホ」と呼んでおります。さらに通信提供を多くのMVNOが提供している「格安SIM」が必要です。

(MVNOとは?)
仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Operator, MVNO、モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。

最近は大手携帯電話会社が提供している通信契約は、基本料金が高いことを理由に、通信契約を見直し基本料金の安い携帯電話会社へ乗り換えをしていくユーザーも増えてきております。

確かに大手大手携帯電話会社と比べても、基本料金が半額以下となる場合もあり、利用状況により格段に料金が下がるユーザーもいるくらいです。

格安スマホを提供している会社では機種代金も安いですが、基本料金が安い組み合わせが一番安くベストな選択です。でも実際に利用するときに、どの格安SIMを選んだら良いのかわからないのが実情です。今回は毎月の支払で重要な部分、「基本料金」に特化して格安SIMを人気あるところを代表して5つとポイントおすすめをお伝えいたします。

DMMモバイル

  • 月額440円~は最安値級!とにかく月額料金安い!
  • Twitterなどをよく使う学生さんにもおすすめSNSフリーがある!

BIGLOBEモバイル

  • ドコモ回線とau回線のマルチキャリア対応、好きなキャリアをチョイスOK!
  • 動画と音楽がエンタメフリーできるので聴き放題!
  • iPhoneとのセット購入できる!

LINEモバイル

  • 月額500円~ワンコインMVNO!
  • ドコモ回線とソフトバンク回線のマルチキャリア対応、好きなキャリアをチョイスOK!
  • SNSが使い放題で、LINEをする学生さんにはおすすめ!

mineo(マイネロ)

  • ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線のトリプルキャリアで、大手3社が選べる!
  • サポートサービス「マイネ王」というユーザー同士で繋がれるので便利でおもしろい!
  • 一気に利用者が多くなってきた人気MVNOです!

楽天モバイル

  • 第4のキャリアといわれる、大手楽天だから安定と安心の楽天モバイル!
  • とにかく豊富で選び放題できる、セットで買える端末の種類が多い!
  • 毎月の支払でもポイントが貯めらる!楽天会員なら契約でポイントがもらえてお得!

子供に使ってもらう携帯で安い携帯電話会社(キッズケータイ)

子供の携帯で安い携帯電話会社では、いまでも人気ある端末(キッズケータイ)を販売しています。

まだ小学1年生から高学年まで、親との連絡用として操作簡単、手ごろな連絡手段として人気が高い端末です。基本料金も非常に安く、負担もほとんどないので、以前自宅にあった固定電話感覚が、今の時代にあわせた子供専用のパーソナル利用端末です。

大手3キャリアの契約があるユーザーであれば、基本料金月額500円~と大変安くなっています。

ここ最近ユーザー数が増えてきた格安スマホなどキャリアを契約していない場合、キッズ携帯は充分な機能が使えないため、子供にはキッズ携帯の代わりにGPS機能が付いた「格安スマホ」を持たせるしかありません。

保護者が大手3キャリア以外だとキッズ携帯は使えないというデメリットがありますが、「格安スマホ」はフィルタリングサービスなど安全対策がありますし、金額面も格安SIMなどで安くもたせることができるようになりましたので、子供さんが小学校高学年になってきたら、様子見ながら今後のためにも少しずつ検討していいかもしれませんね。

子供に使ってもらう携帯で安い携帯電話会社(まとめ)

子供の携帯で安い携帯電話会社、いかがでしたでしょうか。

大手キャリア、それ以外の通信提供している多くのMVNOが存在しています。ご家庭でご利用を見直して、子供に使ってもらう携帯で安い携帯電話会社を選ぶことも選択できるようになってきました。参考にしてみてください。

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

中学生が使うスマホのおすすめ機種はどれがいいですか。

中学生が使うスマホのおすすめ機種はどれがいいですか。

格安SIMを比較して自分にピッタリ合うおすすめSIMを選びましょう!

レンタルSIMを比較してこれがおすすめのWi-Fiルーターです!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です