子供のスマホiphoneに制限をかけましましょう!

みなさん、「スマホの王子様」です。

今回は、子供のスマホiphoneに制限をかけることについてご紹介をします。前回ご紹介したテーマ内でもiphoneについて機能制限をついて触れましたので、ぜひご覧ください!

iphoneと言えば、最近子供さん・学生に爆発的人気のあるスマホです。

まずiphone端末について少し知識理解しておきましょう。みなさんもご利用されているだろうiphoneは、「ペアレンタルコントロール」とよばれる利用制限機能が最初から搭載されています。

大半のフィルタリング系アプリは、iphone(iOS)では制限機能が少なく、機能として搭載しているiphoneのペアレンタルコントロールと併用することが必要です。androidでは、アプリでほぼ解決できることが多いですが、iphoneでは設定に違いがあることを知識理解しておきましょう。

子供のスマホiphoneに制限をかける(コントロール機能)

子供のスマホiphoneに制限をかける際、「ペアレンタルコントロール」とよばれる、年齢によって使えるコンテンツを制限できる機能が標準搭載しています。iphoneやipadで利用可能な「ペアレンタルコントロール機能」には以下のようなものがあります。

  1. iphone内アプリを年齢(レーティング)により適切なアプリのみを表示させる。
  2. App storeからアプリインストールを制限する。
  3. webサイトへのアクセス制限から、アダルト系コンテンツをブロックさせる。
  4. App内課金を制限させる。

必ずiphoneにも、フィルタリングアプリをインストールしておくことは大前提です!iphone(iOS)は、アプリでも制限ができない部分があり、iphone(ipad)に標準搭載の「ペアレンタルコントロール機能」を必ず併用するべきです!

これから設定について解説いたします。
子供が使うスマホは、これを見て必ず設定してください!

機能制限のパスコード

ペアレンタルコントロール・機能制限の準備として、保護者用のパスコードを設定しましょう。保護者用のパスコードを設定しておくことで、後で子供が勝手にiphoneの制限機能を解除・変更する事を防ぐことができます。

ホーム画面から、「設定」>「一般」>「機能制限」>「機能制限を設定」より、保護者用の4桁のパスコードを設定できます。

くれぐれも、子供の目に届かない、メモに残さない、同じパスコードにぜず(特に子供や自分に関する番号など設定はダメですよ!)、定期的にパスコードを変えるようにしましょう。

アプリの年齢(レーティング)による制限

iphoneにインストールしたアプリや最初から入っているアプリ(プリインストール)を、アプリ毎に制限する方法です。

  1. ホームより、「設定」>「一般」>「機能制限」より4桁のパスコードを入力します。
  2. 「機能制限」より「コンテンツの許可」の「App」をタップし、制限したい年齢(大体子供の年齢)を入力します。

以下は、年齢に合わせた制限したい目安となります。この内容から選択ください。

(Appを許可しない)
Appストアでインストールできる、ほぼ全てのAppがiphone上で非表示になる。
(4+)
4歳以上に適切であるApp以外は、iphone上から非表示になる。
(9+)
9歳以上に適切であるApp以外は、iphone上から非表示になる。
(12+)
12歳以上に適切であるApp以外は、iphone上から非表示になる。
(17+)
17歳以上に適切であるApp以外は、iphone上から非表示になる。
(全てのAppを許可)
全てのアプリがiPhone上に表示する。(いつも使っている状態)

Appストアからインストールを制限

Appストアから勝手にアプリをインストールできないように、アプリ自体を非表示にする方法です。

ホーム画面から、「設定」>「一般」>「機能制限」より4桁のパスコードを入力し、「機能制限」画面の「インストール」をONにすれば完了です。

Webサイトへのアクセス制限から、アダルト系コンテンツをブロック

iphone標準ブラウザ「Safari」で、アダルトサイトへアクセスすることをブロックするウェブフィルタリング機能が設定できます。

ホーム画面より、「設定」>「一般」>「機能制限」より4桁のパスコードを入力し、「機能制限」画面の「コンテンツの許可」欄の「Webサイト」から選択可能です。

(すべてのWebサイト)
制限がなく、全てのサイトへアクセスと閲覧が可能。

(アダルトコンテンツを制限)
多くのアダルトコンテンツへのアクセスを自動で制限し、パスコードを求める。

(指定したWebサイトのみ)
保護者側で指定したWebサイトのみアクセスを許可。

App内課金の制限

ホーム画面から、「設定」>「一般」>「機能制限」より4桁のパスコードを入力し、「機能制限」画面の「許可」欄の「App内課金」をオフにしましょう。

また「コンテンツの許可」欄の「パスワードの設定」から、
「購入とApp内課金」を「常に要求」に設定。
無料ダウンロードの「パスワードを要求」をONに設定。

これでいつもパスワードを要求されるので、課金されません。

子供のスマホiphoneに制限をかける(まとめ)

子供のスマホiphoneに制限をかけることについて、ご理解いただけましたでしょうか。

iphoneは、最近子供さん・学生に爆発的人気のあるスマホです。

特にiphoneをご利用したいと検討している方々であれば、上記はぜひ知識として理解していないと、子供さんが優位に立ってしまい、言うことを聞かなくなってしまうかもしれませんよ!

特に親御さんには、ぜひこの知識と理解をしっかり蓄積され、これからのスマホをご利用いただきたいと「スマホの王子様」はみなさまをサポート応援します!

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。
↓↓

子供のスマホを時間制限して使わせましょう!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です