中学生が持ちたいと思っているスマホのルールを守らないのはなぜでしょうか?

みなさん、「スマホの王子様」です。

中学生が持ちたいと思っているスマホのルールを守らないのはなぜでしょうか?

一番の原因は我々大人にあると思っています。中学生で思春期となりますと当然親に反発しますし、私「スマホ王子」も中学生時代すいぶん親に咬みつきました。。。(今思えばかなり申し訳ないと反省しています。)

思春期って誰もがルールなんか守りたくない反骨精神が旺盛で、特に何か言われると言うことを聞かない反抗したがる時期でもあります。誰だってその時期は来ましたし、だからこそその時期が一番大変なのですが、親世代はしっかり見守って将来のことを考えてあげておかないと取り返しのつかない進路になってしまいます。

時代は違えどしっかり守るべきルールは守らないといけません。そしてスマホのルールをいま一度見直していきましょう。

中学生が持ちたいと思っているスマホのルールを守らない理由はこれです!

画像出典元:pexels

スマホのルールを守らない最大の理由に「スマホ依存」が原因であると考えられています。

smapho prince
子供のスマホの接触時間が年々増加している訳ですから、当然その分「スマホ依存」のリスクも高くなっていることは、かなり心配しておかなければいけません!
大人も悪いことに度が過ぎると犯罪など薬物などに手を出したり、様々なモノに依存してしまうように、子供たちはこの「スマホ依存」が一番の原因となっています。

私たちが利用している「スマホ」は、現代すべての日常生活に溶け込んでいるのです。

「スマホ依存」を少しでも軽減できる方法はないものでしょうか?

一言「スマホ依存」と言っても原因は様々あります。まず中学生である多感な時期に「スマホで、何をしていて、何に熱中する可能性があるのか」を把握する事がとても大事なことです。

中学生のスマホの利用内容で高い順に並べると以下のようなものがあります。

  1. 「友達とのコミュニケーション」
  2. 「ゲーム」
  3. 「動画視聴」
  4. 「音楽視聴」
  5. 「情報検索」

smapho prince
中学生のスマホ利用目的で一番は「友達とのコミュニケーション」です。

代表的なコミュニケーションアプリでもある大人も普通に利用している「LINE」は、いつもスマホでコミュニケーションを取り合える状態を常に継続しているため最も中学生に起こりやすい「スマホ依存」かもしれません。

smapho prince
次に高いのが「ゲーム」や「動画視聴」です。

こちらはスマホの「フィルタリングサービス」で防止できますので、子供のスマホ利用には確実に制限設定をしておくことが必要です。

「セルフコントロール(自制心)」ができない子どもにルールなしでスマホを持たせたら、高確率で「スマホ依存」に近い状態になるのは目に見えております!

また「ネットリテラシー(インターネットを正しく使いこなすための知識や能力)」もかなり低い段階であるため、出会い系サイトやSNSでの高額請求のトラブルのリスクも相当高くなりますので注意しなければなりません!

smapho prince
結論として、親子間で「スマホ利用のルール」を決めていることが、一番「スマホ依存」に対する防護策と言えます。
必ずしておきたいのは、決めたルールをしっかり子どもに理解させることが大切です!

もちろん決めるだけはダメです!決めた意味合い、その先にある危険性など、ルールに対する確認がお互いできるように、リビング等確実に視界に見えるところなどに、紙に書いて貼るくらいの対策があるとさらにいいでしょう。

スマホのルール「スマホ18の約束」とは?

ルールのなかに皆さんにも知っていただきたい家族のスマホルールがあります。最も有名で大変評価の高いと言われている「スマホ18の約束」というものがありますのでここでご紹介します。

smapho prince
「スマホ18の約束」とは、アメリカのママブロガーが13歳の子どもにスマホをプレゼントする際に渡した「スマホの家族ルール」です。ルール内容がとてもすばらしいと共感され、アメリカ・ABCニュースで取り上げられ大変話題になりました。

以下、「スマホ18の約束」の参考文献となります。一度ご覧になってみてください。

母から子へ「スマホ18の約束」【英語原文つき】

引用元:NAVER

smapho prince
「スマホ王子」自身の「スマホ18の約束」に対する感想を以下にまとめましたのでご覧ください。
母から子へのプレゼントである「スマホ」というモノに対する理解、「スマホ」を通してやってはならないことを子どもに対し明確にしています。大変人間味あふれる内容でした。

子どもに対しての「しつけ」がしっかりしています。スマホを取り扱うことの大切さ、必要に応じた使い方、友達との関わり方、人生のなかで気づくスマホに対する考え方やモラルなど、「スマホ」というモノを扱う前に、人とのコミュニケーションやつながりがいかに大切なものであるかということを、大人の私たちでも共感できる内容でした。

読了後、皆さまの見解は十人十色だと思いますが、「スマホ」に対して考えるその先のゴールは、同じポイントであると感じました。

smapho prince
もちろん私の考え方ですので、皆様のご家庭事情や環境はそれぞれ違います。皆様はどのように感じましたでしょうか?

「してはいけないことの明確性」「子供に対するしつけの大切さ」「人生のなかで気づかされる考え方やモラルへの気づきを自発的に学んでほしいと願う親心」「コミュニケーションの大切さ」どれをとっても現代社会で欠如している問題を顕著に表していて、これからの私たちへの課題であるような気がしています。

私がお伝えしたいことは「将来ある子供に正しいスマホの使い方をしっかり理解して楽しんでほしい」「自分が納得できる夢や将来へスマホを活用して、まっすぐな人生を送ってほしいこと」です。

まとめ

守らない理由についてどうゆうことなのか少しでも理解ができましたでしょうか。

大人にもある「依存」がスマホでも起こりうるということ、子どもだからこそ「スマホのルール」をしっかり作って、守るための意味合い、親御さんとの約束を通して家族でのコミュニケーションができることが、家庭でできる最善の策であること、そしてそこから社会的ルールへとつながっていくと思います。

「スマホ」を便利いいツールとしてみんなが利用できるように、子供も大人関係なくスマホのルールをしっかり守って利用していきましょう。

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

中学生に使わせるスマホで必ず守ってもらうルールの参考例をお伝えします!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です