中学生のスマホルールの一例をご紹介します。

みなさん、「スマホの王子様」です。

今回は、中学生のスマホルールの一例をご紹介します。これからの時代、皆さまにとってもスマホは生活の一部となっていて、インターネットが必需であるこれからの大人にとっても子どもにとっても、デジタル時代の世代となった我々世代に無くてはならないツールです。

今の子どもたちは、生まれた時からスマホが周囲にあるのが当たり前の世代となります。だからそこ幼い頃から間違ったスマホの使い方(歩きスマホ・SNSの炎上投稿など) をしている大人たちを目にしていまう子どもたちに対し、これから新しい形のスマホ教育が特に問われてきています。

しかし、いままで子どものころ持ったことがなかった親御さんもどこから手をつけていいのか分からないのが現状ですので、まずは悩みとなっているところを解決する方法は、「ルール」をつくることが原点だと思いますので、どのようなルールがあるかご紹介していきます。

中学生のスマホルールの一例(定番ルール)

ここで中学生のスマホルールの一例をどのようなルールを一番設定しているのか、みなさんが気になるルールの定番を一部ご紹介します。

  1. 決められた時間で操作を許可するスマホ利用。
  2. アプリのダウンロードするときは、親に相談と課金はなし。
  3. 食事中はスマホを使わない。
  4. 歩きスマホや運転中のスマホ(ながらスマホ)の禁止。
  5. 面識ない相手との連絡・連絡先の交換することを特に注意。

上記のルールは、内容見ると絶対がつく必要なルールですね。中学生となると勉学優先(高校受験に向けて)となっていく一番大切な時期となりますので、スマホは必要ない!という親御さんも多いかと思います。でも社会的に必要不可欠(親御さんも使っている)なので、全くダメとは言えないと思いますので、「ルール」として時間制限することは最重要かつ指定時間で使うことは最適な「ルール」だと思います。

中学生になると、我々が子どものころにハマっていた「ゲーム(ファミコンやプレステ)」も、親から時間を決めてしていたのと全く同じように、今の子ども世代は、スマホのアプリダウンロードに変わってきています。内容もゲームやLINEのスタンプ利用が大半であります。

しかし一番の心配は、「いいアイテムやスタンプを欲しがる際に必要な課金」だと推測しますので、必ず親御さんに相談し、課金ルールもお小遣いからなどのルールを設けましょう。

食事中のスマホ利用は、新聞読みながら朝食食べていた親父が、会話ひとつせず、飯だけ食って仕事に向かうみたい?な情景が出てくるのですが、、、要は、コミュニケーションを阻害しています。顔を合わせての食事が大切なコミュニケーションを生むものだと思いますので、食事中のスマホはしないより禁止がベストです!

歩きスマホや自転車などの運転中スマホでの悲しい事故が後を絶ちません。そこまでしてまでスマホを操作しないといけない理由がいまだにわかりません。自分の命よりスマホの操作が大事なのでしょうか?絶対をつけて反対します!子どもの将来を見据えると、親御さんや大人の私たちも理解できるはずです。

SNSの普及で見知らぬ相手とのコニュニティーができることは、相手に自分の存在価値を仮想で創り出しているものだと感じています。少子化や人口減少など社会的に取り巻く状況が変わり、人との関わり自体が変化しています。面識ない相手が、SNSのアカウント登録を見て、自身の存在を知り、行動までわかってしまうのです。これほど怖いことはありません。やりとりも実在する相手とのコニュニティーと会話、実際に出会える相手とのつながりを重視してSNSは利用しなければいけないと「スマホの王子様」は警鐘します。

中学生のスマホルールの一例(まとめ)

中学生のスマホルールの一例をご紹介はいかがでしたでしょうか。

内容もごく当たり前のことですが、まず中学生に理解をさせるためには、我々大人の私たちが親御さん含め模範となるルールと日常生活の健全なスマホ利用の姿勢を見せておくことがベストなことだと感じております。

私「スマホの王子様」も、子を持つ親でございます。これをご覧になっている皆さまと一緒に親として大人としての正しい姿を、将来ある子どもたちに見せられるようにスマホを使っていましょう。

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。
↓↓

中学生にスマホの悪影響はどれくらいありますか。


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です