小学生にスマホを持たせる必要はありますか?その疑問に切り込みます!

みなさん、「スマホの王子様」です。

小学生にスマホを持たせる必要はありますか?その疑問に切り込んでみようと思います。

このご時世、家族の大多数がスマホを持っているご世帯も増えてきたと思いますが、まだ現役で親御さんや祖父祖母の世代がガラケーを使っているというご世帯もあります。もちろん数年前は小学生にスマホなんてとんでもない!が当たり前でした。「スマホ王子」も手続きの受付をしていて、子供特に小学生にはまだ持たせたくないと親御さんからの生の声とご意見がよく出てきました。

時間経過とともにスマホの普及も進み、子供たちも周りの友だちが持っているから自分もスマホ使いたい親にお願いしても、持たせくないと利用規制する親御さんもイケナイと言うことができなくなってきているのが実状です。周囲の生活環境が変化してくれば、子供自身も当然スマホを欲しがってくるのは自然なことでしょうね。小学生にスマホを持たせるメリット、その実状を確認してみたいと思います。

小学生にスマホを持たせる必要性と将来的なメリットはどうなんでしょうか?

画像出典元:jp.123rf.com

スマホはこれから小学生に必要であるかという点について、当然メリット・デメリットを確認し理解することで意味合いが大きく影響します。

smapho prince
このご時世、スマホで特に使われているゲームや動画閲覧(主にYouTube)などを小学生が利用することは「普通のこと」になってきました。もちろんスマホで子供が遊ぶのであればスマホの機能制限は必ずセットする必要があります!

将来的な必要性はもうすでに来ていると感じています。

ゲームや動画だけであれば、勉強の邪魔になるので「小学生にスマホを持たせる必要はない!」と誰しも当然切り離すでしょう。
(私も人の親ですから成長過程で勉学は、知識を学ぶためには最優先であると考えています!)

しかし、これからの仕組みや将来にとって小学生からのスマホ利用に慣れていき正しい使い方を理解していくことは、これからの社会の風潮や流れから普通の考え方に変わってきていると感じているところであります。

小学生にスマホを持たせる必要性とメリットは?

注目すべきは「コミュニケーション」のツールとしてのスマホの使い方です。

小学生同士でも電話と同じ感覚で連絡ができるコミュニケーションツールとして「LINE」を当たり前のように使っていますが、親御さんには賛否両論だと思っています。

smapho prince
もちろん「スマホ王子」も子供を持つ親の一人でもあります。スマホというツールが、友だちとの交流の手段や大人でいう名刺感覚を持たせた存在意義のような役割もあります。

「スマホを持たない・持っていない」ことは、今の子供たちには「これからの交友関係に多少なり影響がでる可能性がある」ということが否めなくなってきました。これも時代の流れです。昔感覚であれがいい!と決めつけの考え方ではなく、柔軟に対応できる仕組みにしていかないと、小・中学生のこれからは見いだせなくなってしまいます。これは私たち大人の社会でも同じものだと感じております。

今では小学校で同じクラスの友達と「LINE」で繋がると、中学でクラスが変わったり別の学校に行っても連絡が取れるという、人との付き合いが継続できたり仲間が広がりできるメリットがあるのです!

これが今の時代に合った人とのつながりかたなのだと理解してあげることも必要だと「スマホ王子」も感じております。

小学生にスマホを持たせないほうがいい心配ごとは?

小学生のスマホ利用で子供に制限を設ける「フィルタリングサービス」の機能だけでは不十分であるという意見もあります。またそれにより様々なトラブルも起きています。

smapho prince
受付で親御さんからどうしたらいいか?の悩みを直接聞くことがあります。実状を踏まえると親御さん側の悩みも理解できます。
小学生にスマホを持たせるということは、中高校生と違って体格的な見かけは大きくなっていても内面的なメンタルや自制心(セルフコントロール)がまだまだ弱いので、スマホの機能で制限をかけることとプラスで保護者が直接監視したりしないかぎり無制限に遊ぶでしょう
子供にスマホを持たせる以上は親が監視することは義務です!十分過ぎるくらい注意してください!親御さんがスマホの使い方自体を知らないという無責任な理由ではいけません!

例えば親御さんが「LINE」を使っているいないに関わらず、子供が「LINE」を使いたいからという理由でスマホを持たせたいという親御さんの手続きが非常に目立ってきていることがとても気になる不安ポイントです。

小学生にスマホを持たせる実状とはどんな理由?

早い段階でスマホを持たせる実状としては、

  • 勉学・教養のためにスマホに慣れさせる。
  • 親が共働きである様々な家庭内事情の理由があって持たせる。
  • 親が自分のスマホを触らせたくないから、子供専用に持たせる。
  • フィルタリングサービスで子供向け機能制限が充実しているので持たせる。

いろんな理由があって持たせているのがよくわかります。端末の機能・性能やアプリなどで安全面が図れることも、小学生でスマホを持たせる判断材料となっているのも実状です。

しかし小学生のスマホには「フィルタリングサービス」の機能だけでは不十分でという意見もあり、実際に高額請求など様々なトラブルも起きています。

小学生にスマホを持たせる際の注意として前途で述べました「中高校生と違ってまだまだ自制心が弱い」ので、保護者側でスマホ機能と家庭内助言によって制限をしてあげない限り、無限に遊び続けるでしょう。

小学生のスマホ利用には、必ず以下の設定をしてください!

  1. アプリ毎の利用時間やスマホの利用時間などを制限すること。
  2. 保護者側が子供のスマホの利用時間や内容を把握すること。
  3. 有料アプリのダウンロードやゲーム内課金の防止すること。
  4. 子供の居場所検索や無料通話などの連絡手段を確保すること。

smapho prince
そして何より子供とスマホの使い方については「家族のルール・約束」を決めて家族全員で取り組む事が大切です!
これからの子供たちには、小学生から自主的に色々調べたり、いろんなことを考えて学んでほしいし、そういう意味でスマホは便利なツールだと思います。このご時世プログラミングも必修になっていますし、次世代の担い手である子供たちには正しい知識を持ってもらい、スマホに早く慣れておいてほしいというのがスマホ王子も感じております。
これからいろんなプログラミングや学習指導要領も加わり勉学を含め、使う側というよりは何かを創り出すことが必要になっていく世代だと思います。次世代の担い手としてスマホに慣れて、当たり前に使いこなして欲しいです。将来の子供に良いモノを提供したいと思う親御さんと同じ意見であるのかもしれませんね。

まとめ

必要性を感じているかどうかは親御さんの生活環境において左右されるものです。

「スマホ王子」が一番驚いているのは、親御さんが「LINE」を使ったことがない、スマホを使ったことがない、でも子供が操作を知っているからという理由でスマホを購入し、子供にスマホを使わせている親御さんがいるとういことです。

その状態でスマホを持たせてしまうと、子供が主体となってしまい親御さんが子供にスマホの使い方について「家族内ルール・約束ごとを決めて家族で取り組む事が大事!」と言いながら、スマホの使い方がわからないで子供にスマホを使わせてはいけません!親としてしっかりここで知識や理解を深めて、子供に正しいスマホの使い方を伝えてあげましょう。

前回書いた記事もぜひ参考にご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

子供が使うスマホに制限をかけるアプリを必ずセットしましょう!


新着記事やスマホ王子の雑談などなど
スマホ王子の最新情報が届きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です